がっちりマンデー「カチタス」6月3日放送まとめ TBS

カチタスはリフォーム済中古物件販売と細やかな対応で儲かってる

 

2018年6月3日放送のがっちりマンデー

今回のテーマは、スゴい会社続々!「僕たち上場しました2018」です。

 

上場…素人の私には、何のことだかさっぱりわかりませんが、上場企業というだけで、なんかものすごい会社だと感じてしまいます。

 

上場というのは、証券取引所において、その会社の株式が売買の対象として認められることです。

上場するためには、時価総額、株主数、利益額など厳しい基準を満たなければなりません。

 

そんな厳しい基準を乗り越え上場している会社は、3728社(5月1日現在)。

 

まさに、すごい会社揃い…。

 

そんなすごい会社がひしめく世界に新たに足を踏み入れた会社が3社紹介されていました。

 

その中で私が気になったのは…。

 

 

株式会社カチタス

 

この会社は中古住宅を買い取り、リフォーム・リノベーションという価値を加えて販売する会社で、2017年12月に東証一部に上場しました。

 

似たような会社はありますが、カチタスほど大規模に行っているところはありません。

 

その数、年間3~4000棟。

 

なぜ、これほど売れるのでしょうか?

 

 

家を買い取る…リフォーム後のことを考えて

 

それは、良い物件がそろっているから。

 

そのため、住宅の買い取り時にしっかりと調査しています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

ポイントとなるのが、2つ。

 

  1. 床下にシロアリの痕跡がないこと
  2. ひどい雨漏りがないこと

 

シロアリの痕跡がひどかったり、雨漏りがひどかったりした場合、リフォームの前にこの点を修繕するため多額の費用がかかります。

 

そうなると、リフォームでおしゃれな物件になったとしても、販売価格に上乗せすることなり、価格が高くなりすぎてしまいます。

 

それでは売れないため、これら2つのポイントを床下・屋根裏など、しっかりと調査し、査定していきます。

この他にも、当然、家の骨組・外壁・内装もきちんとチェックします。

 

実際、他社では5分10分で終了する査定を、カチタスはリフォーム後の姿をイメージして査定を行うため、1時間以上かかることも…。

 

このようにしっかりとチェックし、リフォームして売れる住宅となるかを判断しているのです。

ちなみに、気になる家具の撤去費用ですが、カチタスが負担してくれます。

 

また、査定・買い取りの際もただ査定・買い取りをするのではなく、真摯に向き合います。

書類のやり取りも、ただ記入してくださいというのだけでなく、この書類とこの書類をいつまでに送ってくださいと伝えたり、境界確定も実施したりするなど、しっかりと向き合って丁寧に対応します。

 

 

家を買い取る時により価値が高くなるポイントというのがあります。

 

 

それが駐車場です。

 

電車が多くは走ってはいますが、地方や中心部から少し離れたところではまだまだ車の存在が重要で、駐車場があることが大切になります。

 

一昔前は、庭がある方が価値が高いとされていましたが、庭はあくまで趣味の域なので、実際に日常で使用する駐車場が優先されるのですね。

 

 

家を販売する…丁寧に対応

リフォームで売れる住宅となる家をしっかりと見極めて、取引に真摯に丁寧に対応しているカチタス。

 


カチタスのホームページより引用

 

しっかりと見極めて買い取った住宅をリフォームして販売します。

 

ですので、カチタスで販売されている物件は引き渡しを受けた後、何もすることなく住み始めることが、可能となっています。

特に、カチタスでは水回りを中心に居住者となるお客さんの生活を第一に考えて、リフォームしているので、住みやすさ抜群。

 

販売している物件の中には、まだリフォーム中の物件もあります。

この段階から購入すると、リフォームに際し購入者の意見を入れやすくなります

 

実際、このリフォーム中の販売、3割くらいは完成前に売れているそうです。

 

 

また、内外装・その他は、自社基準でチェックしているので安心。

 


カチタスのホームページより引用

 

住んでからの「こんなはずじゃなかった」という想いをなくすため、権利関係周辺環境物件の隣地トラブルがないようしっかりとチェックし、解決しているので安心して暮らし始めることができます。

 

例えば、境界の確定が不十分で住宅購入後、トラブルになり、大変だったということがなくなります。

 

安心ですね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

さて、そうなると気になってくるのは、販売価格ではないでしょうか?

 

…リーズナブルです。

 

カチタスが想定しているのは、30代夫婦と子供1人がローンを組んで購入しやすい価格

 

1300万円程度です。

 

ちなみに、上二つの画像の4LDK庭・駐車場付きの家、いくらくらいだと思いますか。

場所は、神奈川県足柄上郡です。

最寄駅から徒歩20分。

 

…はい。

答えは…

 

998万円(消費税、リフォーム費用を含む)

(注意:2018年6月4日時点です。)

 

おっ!っと思ったあなた。

カチタスで購入もありですよ?

 

と、1000万円とか、1300万円とかあります。

安いとは思いますが…。

 

一括でなんて到底できないし…。

 

そこで、無理のないローン計画の相談に乗ってくれます。

 

例えば、1300万円の家を35年ローンで買おうとすると…月4万円!

今住んでいる部屋の家賃と変わらない、もしかすると家賃よりも安いかも?なんてことも。

 

そう考えると…ね。

 

実際、こんな相談もあったそうです。

携帯電話料金の滞納や消費者金融に借金があるけど、家の購入を考えたいという相談。

返済プランを考えて返済してからもう一度来てくださいとしたそう。

結果、それに従い借金を返済し、なおかつ、家を購入したんだそうです

 

ここまで相談に乗ってくれる会社なんて、なかなかありませんね。

 

 

このように、リフォームすることで売れる住宅をしっかりと見極め住宅を買い取り、生活する人のことを考えた住みやすいリフォームを施し、買いやすい値段で販売しているカチタス。

また、その対応も真摯で丁寧。

 

これにより、カチタスは年間4000棟の中古住宅を販売しているのです。

 

気になる昨年の売り上げは、約700億円

 

カチタスは、中古住宅に価値を足して、がっちり!

 

 

 

 

人口が都心部に集中し、地方や中心部から離れたところにある空き家。

 

この空き家が今、問題となっています

 

空き家の所有者は、都心部に住んでいて利用する必要がない、売るにもそのままでは売れない、リフォーム・解体するにも結構なお金がかかるとして、空き家のまま放置せざるを得ないという状況にあります。

 

人が住まないと、家屋はどんどん廃れていきます。

すると、もっと売れなくなる…という悪循環。

 

この状況に一手投じたのがカチタスです。

 

空き家を買い取り、リフォームして、次の人たちへと繋いでいるのです。

 

簡単そうに見えますが、各段階できちんとした仕事をこなしているからこそ繋げられていることは言うまでもありません。

 

ですので、これからのカチタスの成長…そして空き家問題の解決を祈っています。

 

 

 

会社概要

株式会社 カチタス

 

設立
昭和53年9月1日

 

代表取締役
新井 健資

 

事業内容
中古住宅再生事業

 

資本金
37億7,887万1,000円(平成29年3月31日現在)

 

上場市場
東京証券取引所第一部(証券コード8919) 上場日2017年12月12日

 

従業員数
577名(平成29年4月1日現在)

 

本社
〒376-0025

群馬県桐生市美原町4番2号

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ