がっちりマンデー「GEO」3月25日放送まとめ TBS

GEOはレンタルでも、セカンドストリートの中古販売でも儲かってた

 

2018年3月25日放送のがっちりマンデー

今回のテーマは、誰もが知り、一度は利用したこともあるはずのGEO

 

 

全国各地でCD・DVDのレンタルをしているゲオ。

 

主要な幹線道路には、必ずといっていいほどあるゲオ。

 

それもそのはず、店舗数1225!

 

店舗数もそうですが、会社としても好調で、ゲオホールディングスの年間売上は、2680億円

 

…すごい儲かってる…。

そこには、きっと秘密があるはず。

また、ゲオの新ビジネスにも迫った30分でした。

 

 

CD・DVDがゲオに並ぶまで

CD・DVDのレンタルをしているゲオ。

 

しかし…レンタルは、他にもしている会社はあります。

 

また、ネットに目を移してみると、月額見放題というサイトも多くあり、レンタル業界って厳しいのではないでしょうか。

 

心配ご無用。

 

昨年のレンタルだけ の年間売上は780億円!

ゲオ全体の売り上げの約3分の1もあります。

 

ちなみに、レンタル自体の市場規模1831億円

有料動画配信市場1256億円

 

実物として、CD・DVDをレンタルされる方がまだまだいらっしゃるということですね。

 

 

今回のがっちりマンデーでは、そんなゲオの新作DVDの仕入れ現場を見ることができました。

 

まずは仕入れ数を決めるところでした。

 

仕入れ数は、非常に重要で、仕入れすぎるとコストがかかり、損をする…。

逆に少なすぎると、お客さんに見たいけど見れないという悲しい想いをさせてしまう…。

それを決めるということは、責任の重い仕事です。

 

そのため、映像やデータを入念に分析し、どれだけ必要かを考え、社内会議に向かいます。

 

その会議で実際に仕入れる数が決められます。

 

今回の仕入れる商品は「亜人」。

昨年公開された映画で、興行収入14~15億円。

主演が佐藤健綾野剛という人気作。

 

仕入れ数を決めるのに重要な参考資料となるのが、ベンチマークです。

ベンチマークというのは、仕入れようとしている商品と、同じような興行収入・出演者・ジャンルなどの中から選ばれる映画で、比較する際に有用となるそうです。

 

今回のベンチマークは、土竜の歌東京喰種

 

これを基本として、会議を重ね、仕入れ数が決められます。

 

結果、63万回視聴を想定し、その63万をDVD一枚当たりの平均レンタル回数である30で割った数…。

2万1千枚が仕入れ数と決まりました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

そして、仕入れ交渉へ。

 

実際に店頭で流すことになるPVをじっくりと観察します。

 

いよいよ、交渉が始まります。

 

東宝からは、「1万3千枚の買い切り」との申し出が。

買い切りというのは、先にお金を払い商品を買い取って、レンタルにする方法です。

 

これに対し、ゲオは「レベニューで2万1千枚」を希望。

レベニューレベニューシェアリング)というのは、買い切りよりグッと安い初期費用で商品を借り 、その商品をレンタルにし、売り上げたお金の数割をさらに支払う という方法。

この方法を使えば、より多くの商品を並べることができます。

 

数も仕入れ方法も違います。

早く利益を確定させたい東宝と、初期費用を抑えつつ、たくさん商品を並べたいゲオとの静かだが、熱い戦いがこれから始まります。

 

交渉を何度も行い仕入れることで、店舗に並ぶことになります。

 

店頭に並ぶまでにそんな戦いがあったとは、知りませんでした。

 

 

借りたくても借りられなかったをなくしたい

さて、DVDを借りようとレンタル店に行った時、借りたかったのに借りられなかったということがありますよね。

 

…そんなとき悲しい気持ちになります。

 

そんな悲しい気持ちをする人がいなくなるように、ゲオはこの問題に対策を講じています。

 

それが、振り分けです。

 

ゲオの流通センターで、色んなDVDの仕分けをし、全国の店舗のバランスをとっています。

例えば、ある作品はA店舗ではほとんど借りられないけど、別の店舗ではすぐ借りられる人気作だった場合、A店舗のDVDの数を減らし、別店舗に並べるという調整をしています。

 

他には、根強い人気があるホラーですが、苦手な人も多いので都心のみで上映されることが多いそうです。

そこで、郊外のホラーファンのため、郊外に多めに配置しているそうです。

 

このような振り分けができる理由は、ゲオの多くが直営店だから。

つまり、商品の一括管理ができるためです。

 

必要な商品を必要な店舗に届け、お客さんの楽しみに繋げたいというゲオの気持ちが伝わってきます。

 

これが、ゲオの人気を支える一つの理由なのかもしれません。

 

 

レンタルだけじゃないゲオの中古ビジネス

ゲオと言えば、レンタルですが、もう一つ稼ぎ頭があります。

 

それが、中古ビジネス

 

ゲオの中古ビジネスの年間売上は892億円

799億円のブックオフを凌ぐ売上です。

 

その中心は、スマホ携帯

 

 

買い取ったスマホ・携帯は、名古屋某所にあるとされるプロセスセンターに集められます。

 

プロスセンターに集められたスマホのデータを消去し、タッチパネルがちゃんと反応するか、音が出るかのチェックなどを行っているそうです。

 

そして、店舗で販売するんです。

 

常時6~7万台のスマホ・携帯を扱っているそう。

 

そして、この中古スマホの市場規模は、300億円

 

まだまだ伸びしろがありそうですね。

 

 

なんでも買い取るセカンドストリート

スマホ・携帯の中古販売を行っているゲオですが、スマホ・携帯以外にも何でも買い取るというお店があります。

 

それが、セカンドストリートです。

 

セカンドストリートは、いらなくなった物買い取り、販売 しているところ。

 

8年前に始まったこのセカンドストリートですが、今では、全国に581店舗存在すまでに成長。

 

 

でも、メルカリや、ヤフオクなどのネットオークションサイトが多くあるのに実店舗に売りに行くんでしょうか。

 

ネットオークションに出品しても売れなかったり、売れたとしても商品を包んで宛先を書き、発送するのが面倒だったりします。

 

 

その点、セカンドストリートでは、持ち込み即査定。

そして、現金化できます。

 

簡単にすぐ現金化できる…ここが重要なんですね。

だから、利用されるんです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

セカンドストリートのさらなる強みとしては、なんでも買い取ってくれるところ。

 

それが本当かどうか。

番組ADの私物で試していました。

 

お土産で買ったウクレレやレイ、浄水器のカートリッジなど、全18点。

買い取ってもらえたのでしょうか。

 

型番はもとより傷の有無までの詳細な買取情報が蓄積された全581店舗のデータを参考に、買い取る値段を決めます。

 

それに加えて、楽器はお年玉で買う人が多いので年末に高く買い取ってくれるなど状況、公園の近くにある店舗だから公園で遊べる道具などを高く買い取ってくれるなど店舗の環境なども判断材料になります。

 

さて、番組ADの私物ですが、全部買い取ってもらえ、計1万と60円になりました。

臨時収入ですね。

 

なんでも買い取ってくれますが、なま物や、刃物医薬品などは買い取れないそうです。

 

 

セカンドストリートの大切なお客さん…その多くが、私物を売りに来た人だそう。

 

たくさんの私物を多くの人が売りに来るため、仕方ないことですが、査定に時間がかかってしまいます。

 

その時間を待つため、お客さんは店内を散策。

 

すると、あっ…この商品良いな…と安くていい商品に巡り合い、購入しちゃうんです。

 

実際、私物を売った番組ADの人も、商品を買っていました。

 

これも、ホントのことだったんですね。

 

 

余程の物以外は、なんでも買い取ってくれるセカンドストリート。

 

その年間売上は、400億円

 

 

ゲオは、レンタルも中古ビジネスも…がっちり!

 

 

なるべく高値で買い取ってもらいたい

なんでも買い取ってくれるゲオのセカンドストリート。

 

なんでも買い取ってくれるのは嬉しいけど、なるべく高く買い取ってもらいたいと思うのが、私たち一般消費者の気持ちではないでしょうか。

 

そこで、少しでも高くセカンドストリートに買い取ってもらえるかもしれない方法を、ご紹介したいと思います。

 

 

まずは、売りに行く時期に気を付けましょう。

洋服でいえば、必要となる…着る時期が決まっているので、その時期より少し前の時期に売り行く方が高く買い取ってくれる可能性が上がります。

例えば、夏物であれば、春の時期に売りに行くのが良いですね。

 

そして、時期が良くても、汚れていたり、タバコのにおいが付いていたりするものは、当然、高く買い取ってもらえません。

服を買いに行った時、そんな商品は買おうと思わないでしょう。

だから、安くなってしまいます。

ですので、なるべく綺麗にして…具体的には、においを取り、汚れを落としてから買い取ってもらいましょう。

 

 

当然のことですが、付属品が完璧なものは高く買い取ってくれます。

流行っているものとかもそうですね。

セカンドストリートもただ買い取っているだけではなく、買い取ったものを売るのですから、売れなければ意味がないからです。

 

 

セカンドストリートでは、定期的に買取金額アップキャンペーンを行っているので、それに合わせて買い取ってもらうのも手です。

20%アップは侮れません。

 

 

あと、大切なのが…あなた自身です。

これは、セカンドストリートというわけではなく、他のお店に売りに行く場合にも役に立つことだと思います。

 

身だしなみを整えて売りに行きましょう。

 

近くだから…売りに行くだけだから…と、部屋着に近い格好で売りに行ってはいけません。

あなたの身なりが査定に響いている場合があります。

お金が今すぐ必要なんだと思われないように気を付けましょう。

 

また、なるべく他店での査定金額も知っておきましょう。

あそこのお店では、もう少し高かったよということができますし、買取金額アップ交渉もしやすくなります。

 

さらに、他にも売りたいものがある風な振る舞いをしましょう。

例えば、あれも持ってくれば良かったね。

というようなこと言えば、次も来てもらえるように少しだけオマケしてもらえるかもしれません。

 

 

色々な要素があり、価格は変動するものなので、絶対高くなるということは難しいですが、どの方法も高価買取に向けての期待値を少し上げることができる方法だと思いますよ。

 

 

 

 

私も休みの日などでよく利用するゲオ。

 

新作が並ぶまでに事前にどれだけ視聴されるかを想定し仕入れ、私たちが借りられるようにし、全店舗を対象として利用率を加味して入れ替える工夫を凝らしていました。

 

それらは、自社の利益のためという面もありますが、私たちお客さんにより有意義な余暇を過ごしてほしいという想いが伝わってきます。

 

また、中古ビジネスも同様に、一見するといらない物を買い取り他の人に売るということですが、ある人にとっては不要な物ですが他の人っては必要なもので、その橋渡しをしようという気持ちが伝わってきます。

 

大きな会社でも大切なのは、誰かの役に立つことなのだなと感じることができました。

 

ゲオ、セカンドストリートのさらなる発展を祈っています。

 

最後に、ゲオのレンタルで、楽しい休日を過ごさせてもらっています。

ありがとうございます。

 

 

 

会社概要

株式会社ゲオ

 

ホームページ
https://www.geonet.co.jp/

 

ゲオオンライン
https://geo-online.co.jp/

 

セカンドストリート
https://www.2ndstreet.jp/#onlinestore

 

設立
2011年(平成23年)11月1日

 

本社
〒460-0014
愛知県名古屋市中区富士見町8番8号OMCビル

 

資本金
30百万円

 

事業内容
複合メディアショップ「ゲオ」運営
:DVD、CD、ゲーム等パッケージ商品のレンタル、
中古買取・販売、新品販売
総合リユースショップ「セカンドストリート」運営
:家電、家具、楽器、スポーツ用品、日用雑貨などの買取・販売
衣料・服飾専門リユースショップ「ジャンブルストア」運営
:レディース衣料、メンズ衣料、キッズ衣料、ブランド衣料、アクセサリー、
服飾雑貨の買取・販売
総合アミューズメント店舗運営
宅配レンタルの運営

 

役員
代表取締役社長 吉川恭史
取締役                     今井則幸
取締役                     久保幸司
取締役                     植田季明
取締役                     遠藤結蔵
監査役                     笹野和雄
【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ