がっちりマンデー「マルハニチロ」3月4日放送まとめ TBS

マルハニチロと青森県はサバ缶生産日本一!マルハ缶詰人気トップ3

 

2018年3月4日放送のがっちりマンデー

今回のテーマは、おらが県こそ輝くNo.1!「青森県」編

 

東京・大阪・福岡など名前を聞けば一瞬で華やかなイメージが浮かびますが、そこまでの華やかさが所もあります。

しかし、そこには華やかな都道府県に負けない超儲かっている日本一のすごいモノがあるんです。

 

それを紹介するテーマの第16弾目。

 

 

過去15回放送しているが、東北地方がまだだった!

 

東北地方ということで、本州最北端にある県…

そう!青森県の特集です。

 

…って、青森県のイメージといえば、大間のマグロとリンゴ…ですよね。

でも、それ以外となると…ちょっとわかりません。

 

しかし、青森県にはまだ知られていない日本一の色んな儲かりビジネスがあったんです。

 

リンゴとマグロだけじゃない日本一の青森ビジネスを紹介する30分でした。

 

 

サバ缶生産量日本一!

青森県の日本一情報を聞くなら、この人を置いて他にいません。

 

そう!

三村申吾青森県知事(2018年3月4日現在)。

 

三村青森県知事が教えてくれたのは、あの缶を日本一作っているマルハニチロ株式会社

 

マルハニチロは有名な会社ですが、なんの缶詰を日本一作っているのでしょうか。

 

それは、サバ缶!

 

そうです。

サバ缶の生産量日本一は、青森県だったんです。

 

青森県のサバ缶の年間生産数は47.8%で第1位(平成28年)。

第2位は茨城県で13.2%

その差30%以上!

ダントツの1位ですね。

 

さらに、マルハニチロはサバ缶国内トップシェアの会社。

その生産量528万缶

正直、桁がすご過ぎて、全然理解できませんね。

 

ちなみに、青森県内には、マルハニチロ以外にも、伊藤食品宝幸などのサバ缶を生産している会社が他にもあります。

だからこそ、青森県は日本一の生産量を誇るんですね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

でも、青森県のサバの漁獲量は全国8位と聞きます。

だとするなら、なぜサバ缶では1位になれるのでしょうか。

 

たくさんサバが取れるところで加工した方がいいと思いませんか?

 

その理由は、歴史から来るものでした。

 

青森県の八戸は、明治時代から多くのサバが水揚げされていました。

その頃から脂がのって美味しいと有名でしたが、時代的に冷蔵技術がまだ確立されていなかったため、足の早いサバを他の地域へ流通させるのが難しかったのです。

 

そこで、サバを保存して、より多くの地域に届けられるようにするため、当時最先端技術であった缶詰が選ばれ、流通するようになり、サバ缶の生産が一気に広がりました。

 

こうした経緯があるからこそ、サバ缶生産日本一が青森県なんですね。

 

 

味も見た目も追及するマルハニチロ

そんな歴史的にも古いサバ缶ですが、マルハニチロでは年間1万~1万2000トンものサバを加工しているそうです。

 

へぇ…という感じですよね。

それを魚の数でいうと、3000万尾。

す、すごい…数がすご過ぎ…。

 

それだけの量を加工しているマルハニチロ。

味の追求は当然として、その見た目にもこだわっているそう。

 

見た目?

 

缶だから同じじゃ…と思ってしまいましたが、そうではなかったのです。

 

サバ缶の製造は、水揚げされたサバの内臓を綺麗に取り除き、缶詰に入る大きさにカット。

そして、缶にどんどん入れてられていく。

 

ここで、さきほどの見た目にこだわるというポイントが出てきます。

 

機械作業で缶詰サイズに切られたサバを缶に入れていくので、サバの向きがまちまちなんです。

例えば、サバの断面が上に向かずに横向きに入っていたり、斜めに入っていたりします。

 

それを一缶一缶選別して、サバの断面が上を向くように…缶を開けた時にすぐ見えるのが、切れ目になるように直していくんです。

 

文字にすると、簡単そう…と思いませんでしたか?

 

そんなことはありません。

 

なぜなら、流れ作業の一つに組み込まれているので、次々とサバが入れられた缶が送られてくるからです。

流れを止めることなく、向きの悪いサバ缶をレーンから外し、サバの身を崩さないように向きを修正し、再びレーンに戻していくんです。

その間、サバ缶の流れは止まることなく次々と流れてきます。

 

その数、1分間に140缶。

1秒に2缶以上の速度で流れてくるんです。

 

そんなことできますか?

 

私はできそうにないです。

あたふたする姿が、容易に想像できます

 

この作業をしている女性にがっちりのスタッフが何年この作業をしているのかと聞くと、6年だそう。

 

それもすごい。

 

長い期間続けられているんですね。

 

この向きを揃えるという作業があるからこそ、缶を開けた時に美味しそうな身が見え、また、向きをそろえることで味付けのばらつきもなくなるという…まさに一石二鳥の需要な作業なんです。

 

だからこそ、マルハニチロはサバ缶のトップシェアの座に輝いているんですね。

 

そんなマルハニチロのサバ缶の年間売り上げは63億円

 

マルハニチロ・青森県は、サバ缶日本一でがっちり

 

 

マルハニチロ缶詰人気トップ3!!

マルハニチロはものすごい速さでサバの向きを揃えて、美味しいサバの見た目を綺麗に整え、がっちりと儲けています。

 

そんなマルハニチロ。

サバ缶を含め缶詰で、何が人気なのか気になりませんか?

 

そこで、マルハニチロの缶詰人気トップ3を発表しちゃいます!

 

では、マルハニチロ缶詰人気トップ3、行ってみましょう!

 

第三位!


マルハニチロのホームページより引用

 

マルハニチロ缶詰人気第3位は、月花さば水煮!

 

予想通り、サバ缶が3位にランクインしています。

 

脂がのっていて、サバの美味しさが存分に味わえるうえ、絶妙な塩加減で味付けされいて、そのまま食べても美味しく、他の料理に使ってもその料理の旨さを引き上げてくれる逸品です。

 

朝ごはんのお味噌汁に加えると、朝ごはんの美味しさランクが一気に上がりますよ。

 

お試しください。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

第二位!


マルハニチロのホームページより引用

 

マルハニチロ缶詰人気第3位は、あけぼのさけ!

 

…なんと!!

サケ缶が2位にランクイン!

 

私の予想では、トップ3はすべてサバ缶かなと考えていたので…驚きです!

マルハニチロ…缶詰…といえば、サバ缶というイメージが強いですが、あけぼのさけとは…。

確かに、あけぼのさけ美味しいですもんね。

 

まろやかな塩加減が絶妙で、鮭の旨さを引き立ていて、そのまま食べても美味しい。

鍋の具として入れると、鮭の出汁が混ざり込み、鍋の美味しさがグッと引き締まります。

 

使い道、多数のあけぼのさけ。

今夜の食材として使ってみてはいかがですか?

 

 

第一位


マルハニチロのホームページより引用

 

とうとう来ました1位。

 

マルハニチロ缶詰人気第1位は!

さば水煮!!

 

やはりきました、さば水煮。

当然といえば当然ですが、さすがさば水煮です。

強いですね。

 

少し控えめな塩加減が素晴らしく、優しい味わいで、ごはんのお供にするも良し、他の料理に使用するも良しと、まさに万能食品の座に君臨する王者ともいうべき缶詰です。

 

例えば、オムレツに加えることにより、いつもの料理が簡単に別の美味しい料理へと昇華します。

 

あなたも、サバ水煮を使い、いつもの料理に変化を加えてはいかがですか。

 

 

ちなみに…


マルハニチロのホームページより引用

 

ちなみに、私はさんま蒲焼が好きです。

マルハニチロ缶詰人気は、4位。

サバ缶の牙城を崩せなかったのが悔しいです!

 

脂がのり、うまみが増したさんまを蒲焼にした缶詰。

骨まで柔らかく仕上げられているので、さんまの蒲焼で丼にすると…。

止めどなくご飯が進んじゃいます!

 

…だから、好き!

 

また、酒の肴にも最適ですよね?

 

さんまの蒲焼、今夜の酒の肴にどうですか?

 

 

このマルハニチロ缶詰人気ランキングは、

マルハニチロのホームページに内にある週ごとの人気商品ランキング(2018年3月第1週公開情報)に基づいています。

 

 

 

 

今回は、マグロ・リンゴのイメージが強い青森県の日本一を企業と共に紹介する回でした。

 

3社紹介されていたのですが、その中で私が気になったのは、サバ缶…マルハニチロでした。

 

青森県がサバ缶生産日本一ということにも驚きましたが、味もさることながら、変化的には小さい気がするサバの向きを揃えるということに驚きました。

 

小さなことの積み重ねが、大きな波になることを真に気付くことができた気がします。

 

 

また、その向きを直す仕事をしている人の器用さ、根気強さにも驚きました。

 

青森県民の県民性は、はずかしがり、出しゃばらない、我慢強い。

この県民性を活かしたビジネスだと森永卓郎さんが言っていました。

 

まさにその通りだと思います。

 

我慢強く黙々と打ち込んだ結果が、マルハニチロの売り上げに繋がっているんですね。

 

このような点を気づかせてくれた青森県、そして、マルハニチロのさらなる飛躍を願っています。

 

 

 

会社概要

マルハニチロ株式会社

 

設立年月日
1943年3月31日

 

所在地
東京都江東区豊洲三丁目2番20号 豊洲フロント

 

代表者
代表取締役社長 伊藤 滋

 

資本金
200億円

 

主な事業内容
漁業、養殖、水産物の輸出入・加工・販売
冷凍食品・レトルト食品・缶詰・練り製品・化成品・飲料の製造・加工・販売
食肉・飼料原料の輸入、食肉製造・加工・販売
【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ