がっちりマンデー「恵比寿横丁」2月4日放送まとめ TBS

2018年2月4日放送のがっちりマンデー

今、なぜか「昭和」が儲かる!? 謎のビジネスが…。

ということで、今回のテーマは、儲かる昭和ビジネスです。

 

新年を迎え、今年で平成30年。

 

昭和というとかなり前のように感じます。

 

しかし、ビジネスは別。

 

昭和を扱い、がっちりだというビジネスがあるそう…。

 

今回は、そんな遠く懐かしい昭和を儲かるビジネスにした会社が特集されていました。

 

その中で、私が気になったのは…。


浜倉的商店製作所のHPより引用

 

恵比寿横丁

 

この渋谷区恵比寿にある恵比寿横丁は、たくさんの飲食店が集まった場所。

今、恵比寿横丁が東京の外食業界で一大ブームになっているそうです。

 

そんな恵比寿横丁を作ったのは、浜倉好宣さんが社長を務める浜倉的商店製作所

 

恵比寿横丁はいったいどんなところで、どんな昭和ビジネスなんでしょうか。

 

 

昭和世代は懐かしい…平成世代は新鮮…

 

2008年にオープンした恵比寿横丁。

 

中に入ると、通路は狭く、飲食店も狭い。

飲食店にいるお客さんも狭い店内でぎゅうぎゅうになって座っています。

 

綺麗で広めの店内が一般的となってきている現在においては、異質の空間という感じがしますね。

 

しかし、この狭くてぎゅうぎゅうな感じ。

そして、味があって趣ある雰囲気…。

この雰囲気…まさに昭和

 

昭和世代には懐かしく、平成世代には新しい…。

これが良いとして、人気が出ているんです。

 

でも、この新しくも懐かしい雰囲気漂う昭和感…作られたものなんです。

 

そう、恵比寿横丁は、元々は色々なお店が入る公設市場だったんです。

昭和の時代には賑わっていた公設市場ですが、時代の流れに逆らえず、残念ながらシャッター街となっていました。

 

それを見た浜倉社長は、ここに飲食街を作ればもうかるはずと確信。

二年の歳月をかけて地主・オーナーを説得し、13店舗のテナントを集め、昭和風の横丁…恵比寿横丁を作り出したんです。

 

 

恵比寿横丁の特徴

そんな恵比寿横丁の特徴で、最たるもというと…全体を漂う昭和感

 

その昭和感を生み出しているのは、昭和時代に使われていたものです。

実際に昭和時代に使われていたものを使っているんです。

例えば、床。

昭和時代に使われていたものを使っているからこそ昭和の味が出るんです。

天井も、蛍光灯もその時代のものを使うことにより、昭和感が生まれ雰囲気が良くなり、さらにコストも抑えられる…いいことずくめ!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

加えて、店のスペースが狭く、これまた昔懐かしの丸椅子を使用していることで、自然とお客さんとお客さんとの距離が近くなっています。

これにお酒がプラスされることで、すごく盛り上がります。

つまり、狭いという通常ならデメリットとなってしまう要素が、逆に、お客さん同士の繋がりになるという恵比寿横丁最大の魅力になっているんです。

 

実際、知らない人なのに一瞬で仲良くなれることや、知らない人と飲んでいたなんてこともあって非常に楽しいといわれています。

 

 

さらに、他の飲食街ではなかなかあり得ないサービスもあるんです。

 

それは…恵比寿横丁にある他店から出前がとれちゃうんです。

お店が狭くて、どのお店も混んでいて移れない…でもあの店のあの料理が食べたい!

それにこたえられるようにというサービスです。

 

いろんなものを食べたい人には、嬉しいサービスですね。

 

でも、他店の売上に貢献するこんなサービスが、なぜできたんでしょうか。

 

それは、仲が良いから!というのもありますが、

森永さん曰く、普通は同じような飲食店が多くなるところ、浜倉的商店製作所が被らないように飲食店を集めているからだそう。

 

なるほど。

お互いが利益を食い合わないから、店同士の仲が良いいんですね。

 

さらに、出店場所の決め方にも工夫がありました。

 

出店場所は、通常、店側にしてみると非常に重要なもの。

場所いかんによっては、売り上げに劇的な差が生まれてしまいかねません。

つまり、争いの火種になりかねないものなんです。

 

それをどうやって決めたかというと…じゃんけん

 

すごい平等で、すごい公平…ですね。

 

このようなことが行われていて、店同士の仲が良いから、他店への出前ができるんですね。

 

ただ、出前対応していないお店、メニューがあります。
実際に出前できるかどうかは、お店にご確認ください。

 

 

そんな昭和感あふれる恵比寿横丁には現在、20店舗出店しています。

 

実際どれだけ儲かっているのか…気になりますよね。

 

外食店の1坪当たりの売り上げは、儲かっているところで月30万円くらいだそう。

 

では、恵比寿横丁では…商店により違いますが、平均月150万円!

3坪のお店だったら450万円‼

 

儲かっていますね。

 

この恵比寿横丁がヒットしたことで、有楽町産直飲食街新橋産直飲食街など、浜倉社長のプロデュースした昭和感あふれる横丁が次々と増加しています。

 

まさに、浜倉的昭和横丁ビジネスは、がっちり!

 

 

昭和感漂う恵比寿横丁には美味しいものがいっぱい

さて、昭和感漂う恵比寿横丁には、美味しいお店がたくさんあります。

そこで、おすすめのお店をご紹介したいと思います。

店選びの参考にしていただければ、嬉しいです。

 

①加藤商店 肉寿司

お酒を飲むのに肉は避けては通れないもの。

そこで、おすすめなのがこの肉寿司です。

牛のみならず、桜肉…そう、馬肉も食べられるお店です。

 

ここでおすすめは、「さしとろ」。

目の前で炙ってくれる演出もいいのですが、温かくて、やわらかくて、ジューシーで…幸せな気持ちにしてくれるお寿司です。

ぜひとも、お試しください。

 

②達磨天狗

ホルモンの鉄板焼きとお鍋のお店です。

リーズナブルな価格で、お酒、そしてホルモンを楽しむことができるところです。

水炊きやもんじゃ焼きもあり、色んなものを楽しめます。

 

ここでおすすめは、「スタミナ豚バラ鉄板焼き」。

ど~んという効果音が出そうな見た目で驚きますが、旨辛味で楽しむと、ピリッとした辛さの奥に隠れた美味しさが病みつきになり、汗を流しながら、がつがつと食べてしまいますよ。

 

③ベコヒラ

牛タンをリーズナブルな価格で提供しているお店。

お客さんや店員さんとの距離が近く、ワイワイと飲んで食べることができます。

知らない間に輪ができあがって、盛り上がっているかもしれませんよ。

 

もちろん、「タン元の炙り焼き」がおすすめ。

表面を炙っているタンは柔らかい食感で、レモンの酸味と香りがタンの美味しさをさらに引き上げていて、タンの旨さを存分に味わえる逸品です。

お酒のアテにも最適ですよ。

 

 

この他にも恵比寿横丁には、色んなお店があって、懐かしく・新しい昭和感あふれる場所です。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

営業時間は、何時から何時までなの?

懐かしくも新しい昭和感あふれる恵比寿横丁。

 

気になるのは、営業時間です。

 

それぞれのお店で営業時間が異なるので、すべてを列挙したいと思います。

ただし、2018年2月6日時点のホームページ上の営業時間ですので、日によって異なる場合、変更している場合もあります。

ご注意ください。

1、加藤商店

肉屋17:00~翌5:00

 

2、豚焼セレブ にん肉

17:00~翌5:00

 

3、ベコヒラ

17:00~翌5:00

 

4、牛〇

18:00~翌3:00

 

5、銀〇

17:00~05:00

 

6、魚〇

17:00~5:00

 

7、串揚げ ぶるどっく

17:00~26:00

 

8、純ちゃん

17:00~23:00

 

9、炭火焼 まるや

17:00~24:00

 

10、でんらく

16:00~翌4:00(月~日)

ラストオーダー:フード=3時、ドリンク=3時半

 

11、浜椿

17:00~翌4:00

 

12、うめ月

17:00~翌5:00(月~土)

11:30~23:30(日・祝)

 

13、高橋さん

18:00~翌1:00

 

14、Bistro maman

17:00~翌3:00

 

15、達磨天狗

11:30 ~ 14:00/17:00 ~ 03:00

 

16、魚串

月~土・祝前日 17:00~4:00

日・祝日 17:00~23:00

 

17、スナック 訳あり…

20時~朝まで

 

18、きのこ料理 きのこ

平日:17:00~翌5:00

日・祝:17:00~翌1:00

 

19、恋酒場

17:00~翌5:00

 

20、姫島

20:00~翌5:00

 

 

もしよければ、足を運んでみてください。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

昭和が終わり、平成となって早30年。

 

平成世代にとって昭和は遠い昔のこと。

昭和世代にとっては懐かしい思い出の詰まった時代。

 

そんな両世代にとって恵比寿横丁の昭和感は、懐かしくも新しい空間として受け入れられ、坪当たり月150万円を稼ぐヒット施設となりました。

 

そこは、お客さん同士、お客さんと店員さんとの距離が非常に近い空間でもあります。

 

人間関係が特に希薄になってきているといわれる東京。

そんな中において、人と人との関わりが近い恵比寿横丁が受け入れられている…。

もしかすると、現代の日本に生きる人は、人との関わりを欲しているのかもしれませんね。

 

 

 

恵比寿横丁

http://www.ebisu-yokocho.com/top.html

 

 

会社概要

株式会社 浜倉的商店製作所

 

本社所在地
東京都千代田区有楽町2-1-1

 

設 立
2008年1 月

 

決 算
11 月

 

代 表
浜倉 好宣

 

資本金
5 百万円

 

取引銀行
みずほ銀行
三菱東京 UFJ 銀行

 

事業内容
飲食店の経営並びに運営
飲食店の商品開発
店舗に纏わる商品・家具等の製作並びに販売
【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ