がっちりマンデー「お役所ヒーロー」11月19日放送まとめ TBS

 

ふるさと納税で地域をがっちりにしたヒーロー?!秘密はお礼のオマケ

 

2017年11月19日放送のがっちりマンデー

今回のテーマは、「地元のピンチを救え!お役所ヒーロー!」です。

 

財政的に潤っている東京や、その他大都市。

それに比べ、地方は財政的に厳しいところが多いといわれています。

現に、2006年に財政破綻した北海道夕張市が記憶に新しいですね。

 

そんな状況はまだまだ続いていて、それに起因する人口減少も深刻となっているそうです。

 

そんな状況の中、地域の人々のため、立ち上がった公務員。

がっちりと儲けられたとしても、貰えるのは給料のみ!!

 

まさにヒーロー!

 

そんなかっこよくて、称賛されるべきお役所ヒーローって、一体どんな方なのでしょうか?

 

ということで、お役所ヒーローにスポットを当てたのが今回です。

 

今回、紹介されたお役所ヒーローは3人。

 

その中で私が気になったの方は…

 

山形県天童市役所に勤めている沼澤賢次さんです。

 

沼澤さん…まさにヒーローという言葉が合うようながっちりな働きをした方なんです。

 

 

生まれ育ったところ以外を応援してみませんか?

沼澤さんががっちりな働きをしたのは、ふるさと納税です。

 

ふるさと納税というのは、人によって異なりますが、ある程度の限度内で、自分が応援したい自治体に寄付できるというものです。

例えば、東京に住んでいるが、生まれ故郷である福岡市を応援したい!ということができちゃうんです!

そして、ふるさと納税した人は、ほぼ同じ額の税金が控除されます。

 

えっ!ということは、沼澤さんが天童市に寄付したの?!

 

というわけではなく、ふるさと納税先として、天童市にスポットを浴びるような活躍をしたヒーローなんです。

 

 

どんなことをしたかというと…

 

ある程度額をふるさと納税してくれた人に、自治体は特産品などのお返しをくれます。

例えば、地酒や新鮮なお魚など。

 

そうです。

 

沼澤さんは、このお返し=返礼品に一工夫して、例年以上の寄付を得るきっかけを作ったヒーローだったんです。

 

では、沼澤さんは、どんなことをしたのでしょうか?

 

それは…オマケです。

 

 

いやいやいや…気持ちです!

沼澤さんがしたこと…それは…

寄付してくれたことへの感謝の気持ちを込めて、返礼品とは別に、オマケを付けたのです。

 

いるかいらないか微妙なオマケではなく、そのオマケが魅力的だったから、例年より多くの人が寄付してくれたのです。

もちろん、ただ良いものをオマケとしたのではなく、特産品をからめた魅力的なオマケなんです。

 

それがこちら!


ふるさとチョイスより引用

 

将棋の駒のストラップです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

何を隠そう、天童市は木製将棋駒の一大生産地なんです。

その国内シェアは、驚異の90%!

 

天童市の特産である将棋の駒がオマケで付いてきます。

それも単なる木の将棋駒ではありません。

上図の飛車の駒であれば、将棋駒としては最高級とされる素材の御蔵島産の黄楊材を使っています。

もちろん、19種類ある他の駒も、こだわりのある違う素材で作られています。

 

それだけではありません!

 

その駒の裏側に、3文字までですが、好きな文字を彫ってくれます!

 

好きな文字なんですが、多くの方は、名前が多いそうです。

そして、名前の付いた特産品の駒を手にすると…

家族の分や、苗字も!とついつい集めたくなっちゃうそう。

 

また、寄付の証として何か物が残れば思い出となり、後継者不足と言われる伝統工芸を支えることもできるとして、ふるさと納税がたくさん集まったそうです。

 

 

この多くの寄付を集め、天童市を盛り上げた将棋のストラップ。

このオマケを付けようと考えたのが、沼澤さんだったんです

 

 

どれくらい集めたかというと…

 

天童市の2013年のふるさと納税額は、11万5000円。

オマケとして将棋の駒をつけ始めたのが2014年。

昨年の2016年のふるさと納税額は…33億5800万円…。

 

…絶句…。

とんでもない金額ですね。

 

天童市の財政が潤ったことは間違いないですね。

 

ちなみに、この将棋の駒のオマケは、返礼品とは別で郵送されます。

 

 

天童市の財政だけではない!

この将棋の駒をオマケにしたふるさと納税効果は、天童市の財政だけではなく、職人にも好影響を与えています。

 

2017年の今年あったことといえば、藤井聡太さんブーム

 

この効果も合わさり、仕事量も3割4割増しだそうです。

 

返礼品へのオマケ採用前の生産額は、1億円だったものが。

採用した後は3億円と、3倍になっています。

 

 

沼澤さんは、天童市の財政・伝統文化にも貢献した、まさにヒーローですね。

 

 

ちなみに、森永卓郎さんもストラップ目当てでふるさと納税したそうですよ。

 

 

天童市のふるさと納税返礼品に付くオマケとやり方.

天童市にふるさと納税すると返礼品とは別に貰える将棋の駒のストラップ。

飛車や王将以外にもかわいい絵柄の入ったものもあります。

 

例えば、これ。


天童市のホームページより引用

 

招き猫の絵柄が彫られたストラップ。

笑顔のかわいい猫…和みますね。

ただ、裏に名前を入れることはできません

 

不苦労(=フクロウ)もありますよ。


天童市のホームページより引用

 

これも、裏に名前を入れることはできません

 

 

さて、この返礼品とは別に貰えるオマケですが、実は3種類あり、将棋の駒ストラップ以外にもの2種類あります。

 

将棋の駒ストラップ以外のものというのは…


天童市のホームページより引用

 

将棋の作品として有名な「3月のライオン」とのコラボレーション品です。

 

3月のライオンといえば、名作「ハチミツとクローバー」の羽海野チカさん原作の漫画。

アニメ化や、実写映画化もされています。

 

その3月のライオンのノベルティグッズをオマケとしてもらえちゃいます!

どんなものがもらえるのかというと…

ランチトートバック、お箸、箸置き、ハンドタオル、ビニールバックです。

 

ファン垂涎の品ばかり!

 

 

このノベルティグッズ以外にも、もう一つ3月のライオンとのコラボ品があります。


天童市のホームページより引用

 

これは、パッケージイラストに3月のライオンをプリントしたお米です。

300gの無洗米を3袋、オマケでもらえます。

 

このパッケージはここでしか手に入らないものらしいですよ。

うずうずしてきませんか?

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

あっ、そうそう…

将棋の駒ストラップでも、3月のライオンとのコラボ品があります。

 

それがこちら。


天童市のホームページより引用

 

3月のライオンの中に登場する王様ニャーが彫られた将棋の駒ストラップです。

これもほしいっ!

この将棋の駒ストラップですが、名前を入れることができないので注意してください。

 

 

天童市のふるさと納税返礼品に付くオマケは、

  • ① 将棋の駒のストラップ(1つ)
  • ② 3月のライオンのノベルティグッズ
  • ③ 3月のライオンがパッケージイラストになったお米

どれも魅力的なものばかりですね。

 

正直、すべてほしいですが、①~③のどれか一つです。

 

 

ふるさと納税のやり方

ふるさと納税が気になりやってみようかなと思いませんか?

 

そこでここからは、ふるさと納税のやり方をご紹介したいと思います。

 

ふるさと納税をする場合、各自治体のホームページ、電話などから申請することも可能ですが、ふるさとチョイスのような色んな自治体の情報一手に集め、そのまま申請できるという便利なサイトがあるので、そちらを利用すると便利です。

 

当然ですが、各自治体から申請しても問題はありません。

 

 

①まず、大切なことを知らなければなりません。

それは上限額です。

 

これは、住民税から控除される金額を寄付金額から差し引いた額が、自己負担金の2000円に留まるのは、いくらまでふるさと納税した場合なのかを知ることができる額です。

 

例えば、計算結果30000円で30000円ふるさと納税した場合、所得税・住民税から28000円控除されて、自己負担金2000円となるんです。

この上限額は、家族構成、収入などにより決まります。

 

自分で計算するのは非常に大変なので、

https://www.furusato-tax.jp/example.html

このようなサイトを利用すると便利です。

 

注意:結果はあくまで目安なので、上限いっぱいいっぱいふるさと納税するのではなく、ある程度の余裕もたせることをお勧めします。

 

 

②次に、上限額を知ったので、

その範囲内でふるさと納税したい自治体を探して、


ふるさとチョイスより引用

 

必要事項を入力して、申請します。

 

この時、寄付したお金の使い道を指定することができます。


ふるさとチョイスより引用

 

自分としては、スポーツと文化の振興に使ってもらいたかったのに、市役所の環境改善に使われたというようなことがなくなりそうですね。

 

ちなみに、天童市の場合は、↓このように使ったそうです。

https://furusato-tendo.jp/usage/performance.html

 

③選択した支払方法にしたがい、支払います。

 

 

返礼品と寄付金受領証明書を受け取ります。

この証明書は、確定申告の際に必要となる大切なものなので、

なくさないように気を付けましょう。

 

 

確定申告をします。

 

確定申告は国税庁のホームページからできます。

↓こちらからどうぞ。

国税庁ホームページより引用

 

申告書・決裁書・収支内訳書等作成開始から、指示にしたがい入力すると、選択によりますが、そのまま確定申告でき、あるいは、申告書をプリントアウトして税務署に提出すれば、確定申告完了です。

 

そのままホームページ上で申告する場合は、有効期間内の電子証明書が組み込まれている住民基本台帳カード・マイナンバーカードを、読み込むためのICカードリーダライタなどが必要となるのでご注意ください。

 

 

あなたも、天童市にふるさと納税して、返礼品とオマケをもらいましょう!

 

 

 

 

今回のがっちりは趣向?を少し変えて、企業・会社ではなく、個人にスポットを当てていました。

 

天童市のお役所ヒーロー…沼澤さん。

 

返礼品をもらえるふるさと納税に、地元の特産品である将棋の駒に注目し、それをオマケとして付け、それだけでなく、名前まで刻んでもらえる。

 

そのオマケにより、33億円もの寄付を得ることができ、市の財政のみならず、地域、そして、オマケをもらった人をも笑顔にする…

 

まさにヒーローではないでしょうか。

 

さらに、将棋の漫画「3月のライオン」とコラボするなど天童市は精力的に動いています。

 

この好調をみると、地域は安泰のような気がしますね。

 

ですので、沼澤さんには天童市のこれからのさらなる発展に寄与し、地方から日本を底上げしてほしいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ