がっちりマンデー「カモ井加工紙」10月15日放送まとめ TBS

ハイトリ紙からmtマスキングテープへ!イベントも盛況!!

 

2017年10月15日放送のがっちりマンデー

一時代を築いたといえる大ヒット商品を生み出した会社は、今どうしてるの?!

ということで、今回のテーマは、「あの会社は今」です。

 

 

大ヒット商品を生み出し、一大ブームを巻き起こしたあの会社、その会社。

たくさんあります。

 

しかし、ブームというのは過ぎれば、その名を聞かなくなり…話題にもならなくなる…。

とすると、その商品を世に出した会社って…今どうしているのでしょうか?

 

気になりませんか?気になりませんか?

 

なりますよね!

 

ということで、今回のがっちりは

一世風靡セピア

…じゃなかった、すいません。

一世風靡した「あの会社の今」が、3社紹介されていました。

 

どの会社もとんでもないことになっていて、

懐かしい気持ちと新しい発見の両方を味わえました!

 

 

その紹介された会社の中でも、私が特に気になった会社は…

1960年にブレイクした…

 

カモ井加工紙株式会社

 

この会社が、生み出し爆発的ブームを巻き起こした商品というのが…

ハイトリ紙

 

30代はギリギリ、20代以下の人には馴染みない商品だと思います。

この商品は、商品の中に入れられている紙を伸ばして、天井からぶら下げることで、粘着力のあるその紙がハエを捕まえるというアイデアの大ヒット商品!

 

全盛期の1960年代には、4500万本も売り上げた年もあったそう。

まさに、一時代を築いた商品です。

 

でも…さすがに今はなかなか見かけない商品になってしまいましたね。

そうなると気になるのが、今はどうしてるのか。

 

ということで、岡山県倉敷市にある本社に…レッツゴー!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

あの商品のおかげで、年々増えていく…

お話を聞いてみると…

2003年の45億円を皮切りに翌年49億と、年々増加していき、2015年は106億円に!

そして、昨年の2016年が109億円!

なんと14年連続で増収

 

まさに、順調でがっちりなんですね!

そんなに売れてたんですか!ハイ取り紙!!

ではなく…

 

いまのがっちりの源は、多くの人…特に女性に人気の


カモ井加工紙株式会社の公式ホームページより引用

 

マスキングテープだそうです。

 

2008年に発売された文具雑貨用マスキングテープ。

簡単に千切って貼ることができ、はがすのも楽ちん。

そして、マスキングテープの上にも字が書ける。

さらに、超カワイイ♡

 

と話題になり、年々売上がアップしているそう!

 

そんなマスキングテープ…

現在では、カモ井加工紙の主力商品なんだそうです。

 

 

きっかけは、チャーリーズ・エンジェル?!

なるほど、マスキングテープでがっちりなのは、わかりました。

しかし、そもそもハイトリ紙から、かわいいマスキングテープにどのようにして変化したのでしょうか?

 

 

最初は、紙と粘着剤をくっつける技術を生かして、1965年に、塗装・建築用目張りするためのマスキングテープを発売していたそうです。

 

そこから時間が流れて…2006年。

カモ井加工に売れるきっかけをくれた、チャーリーズ・エンジェルが現れます!

 

カフェ経営者、コラージュ作家、デザイナーの女性からなるいわば、チャーリーズ・エンジェルともいえる方々。

工場見学に来た彼女たちマスキングテープ愛好家の3人組から、「もっとカワイイデザインのマスキングテープをつくってほしいという要望」が出されたのです。

 

それをきっかけに、2006年、かわいいマスキングテープの開発をスタート!

彼女たちが求める「使いやすさ」と「かわいさ」をとことこん追求!

そして、誕生したのが、mtマスキングテープだったのです。

 

最初、カモ井加工紙は、このmtマスキングテープをホームセンターや大型雑貨店で売ろうとしていたのですが…。

マスキングテープ愛好家の3人の女性に猛反対され、方向転換!

小さなカフェや雑貨店で販売することに。

それが功を奏し、ヒット!

 

発売から10年もたたないうちに、年間売上20億円を達成。

 

現在は、毎年100種類以上の柄のマスキングテープを岡山にある専用工場で生産するまでに急成長したのです。

 

ここで一つ疑問が浮かびました。

そもそもその3人のチャーリーズ・エンジェルは、なぜカモ井加工紙に来たんでしょう…。

 

専務の谷口幸生さんいわく、全国の工場にオファーをしていたそうですが、OKを出してくれたのが、カモ井加工紙だけだったのだそうです。

懐が深い会社ということですね。

どんな話も一度、聞いてみるのが大切ということがよくわかりました。

 

カモ井加工紙は、いまは、マスキングテープで

がっちり!

 

 

テープがいっぱい、こんな使い方が…アプリを忘れないで!!

そんなカモ井加工紙のがっちりの源のマスキングテープですが、その人気も高く、それに関連するイベントが開かれています。

 

mt ex展

mtマスキングテープの色々な使い方を発見できるmtを使った空間デザインや、限定テープの発売など、様々な内容のイベントが全国・世界各地で開催されているイベント。

限定のマスキングテープのセットなんかもある場合もありますよ。

 

 

mt school

マスキングテープで何かを創る楽しさを感じられるイベント。

そんな使い方が!というものがあり、発見と楽しさがいっぱい♡

 

 

mt STORE

イベント限定商品やかわいい♡mtマスキングテープを購入できるイベント

かわいいものいっぱいなので、買い過ぎに注意してね。

 

 

 

など、その他にもマスキングテープの博覧会や、これまで発表されたデザインの中から復刻テープを選ぶmt人気投票など、色々なイベントが開催されています。

 

本当に色んなイベントがあって、マステが好きな人にとっては、どのイベントも垂涎のもの。

ぜひ行ってみてください。

かわいいマステがいっぱいで楽しいですよ。

 

イベントスケジュールは↓こちらをご覧ください。

http://www.masking-tape.jp/calendar/

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

その時、ぜひ一緒に持って行ってほしいものがあります!


カモ井加工紙の公式ホームページより引用

 

それは、mt Stamp!

 

これはmtイベントがより楽しくなるアプリです。

mtイベントに参加するとスタンプを押してもらえるのですが、その場合、スタンプ帳を持ち歩かなければなりません。

せっかく行ったのに忘れちゃったりしたら、悲しすぎます。

 

そんな時にあれば便利なのがこのアプリ!

スタンプ帳を持ち歩かなくても、スタンプラリーに参加できちゃいます。

 

そして、イベントにいっぱい参加すると…

色んなものがもらえちゃう♡

 

スタンプを3個あつめると、ガチャの当たりのテープがもらえます。

当たりが出なくて残念な気持ちにならずにすみますよ。

 

スタンプ6個だと、mt Stampアプリ限定のオリジナルテープが2個ももらえちゃう!!

特別なギフトセットです。

ワクワクしませんか?

 

●そして、スタンプ10個だと…

カモ井加工紙の本社工場にて、mtマスキングテープができるまでを見学できたり、工場ならではのお買い物ができたり、倉敷の街も楽しめるmt Factory tourに参加できます。

それか、オリジナルテープセットがもらえます。

 

自分の気持ちに合わせて、もらえるものが選べるのは嬉しいですね。

 

このmt Stampが気になってきましたか?

気になってきたら、さぁ、お手持ちのスマホで、App storeや、Google playにアクセスして、mt Stampをインストールしましょう!

 

それと、ずっと使っていくなら、メアド・パスワードを登録してアカウントを作った方がいいですよ。

アカウント登録していると、特典のクーポンがもらえたり、機種変更した時にも情報が引き継がれたりするので、重要度は高めです。

 

 

マステのみならず、イベントも愛されている…。

それが、カモ井加工紙株式会社なんですね。

 

ありがとうございました。

 

 

 

今回、ハイトリ紙というヒット商品を生み出し、一時代を築いたあの会社は今ということで、カモ井加工紙株式会社が紹介されました。

 

昔は、おばあちゃんの家や古いお店などでたまに見かけたハイトリ紙ですが、確かに最近は全くと言っていいほど見かけなくなってしまいました。

正直、寂しいと思いますが、それが時代の流れなんですね…。

 

そんな時、マステ愛好家の3人の話を聞くということをきっかけに、現在、人気の高いかわいいマステが販売されるようになりました。

それに呼応するように、カモ井加工紙の売り上げも右肩上がり。

 

それを思うと、ビジネスのきっかけというものは、色々なところにあるのだなぁと、感じさせられます。

また、カモ井加工紙としては、売れたということだけに満足せず、色んな種類のデザインのマステを生み出し続け、それに加えて、多くの人が集まるイベントも主催しています。

だとするなら、きっかけに気づくこと、そして、期待に応え続けることが肝要なのだと感じました。

 

 

会社概要

公式ホームページ
https://www.kamoi-net.co.jp/index.html

 

mt専用ページ
http://www.masking-tape.jp/

 

会社名
カモ井加工紙株式会社

 

所在地
本社・工場
〒710-8611
岡山県倉敷市片島町236
TEL 086-465-5811(代)
FAX 086-465-5815
<矢掛工場>
〒714-1215
岡山県小田郡矢掛町中808
TEL 0866-83-1151(代)
FAX 0866-83-1153

 

<東京支店>
〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4-3-9 華山ビル
TEL 03-3271-3888(代)
FAX 03-3271-3601
<東京支店コンシューマー課>
TEL 03-6262-5462
FAX 03-6262-5461

 

<大阪営業所>
〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-9-28 TAIYOセンタービル202号
TEL 06-6305-0868(代)
FAX 06-6305-0867

 

創立
大正12年2月15日(1923年)

 

資本金
2,400万円

 

従業員数
390名
【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ