がっちりマンデー「訳あり食品が激安!」グラウクス株式会社 12月18日放送まとめ

2016年12月18日放送のがっちりマンデーは食品リサイクル法による訳ありビジネスの紹介です。

地球にも消費者にも企業にも優しい!

 

あなたは食品リサイクル法という法律をご存じでしょうか?

平成13年に施行された食品廃棄物を減らす法律です。

資源の有効利用の観点から取り組む必要があると言うことから検討された法律なのです。

 

この法律が平成19年に改正されました。

どのような改正かというと業種ごとにリサイクルなどの目標値を設定している法律改正案です。

具体的な目標値が定められ、目標値以上の食品廃棄物を無くそうという内容のものです。

 

廃棄物を減らすという法律に従って積極的に廃棄されそうな商品を販売しようという会社を紹介します。

 

訳あり高級食品が安いkurashi.jpというサイト

東京の五反田にある グラウクス株式会社

 

一昨年始まったばかりのサービスですが既に年間売り上げ1億円だそうです!

いきなりすごいですね!!

 

こちらの会社では主にメーカーの訳ありの商品を kurashi.jp というサイトで販売を行っています。

例えば10袋で参考価格7550円の健康食品がなんと1780円!

某大手ハムメーカーの規格外商品ハム切り落とし2.4kg(300g×8パック)

こちらが参考価格13200円のものがなんと4680円!

 

高級食品がやたらと安いです!!

理由は先ほど述べたとおり訳ありの食品です。

訳ありの内容として

  1. 賞味期限が短くなってきた
  2. 季節商品で季節に合っていない
  3. パッケージにダメージがあったり缶が凹んでいる

などです。

【スポンサードリンク】

 

その中で賞味期限について説明していきましょう!

日本の食品業界に食品ロスが増えてしまうルールがあるのはご存じでしょうか?

食品業界に感しては3分の1ルールと言う物があります。

 

  1. 賞味期限が3分の1を過ぎている食品はお店が仕入れない
  2. 賞味期限が3分の1を切っている食品は店頭に並ばない

 

つまり賞味期限3分の1を過ぎてしまったら仕入れさえされず、たとえ仕入られた商品についても3分の1を切ってしまった商品は店頭に並ぶことすらありませんというルールです。

 

こういった3分の1ルールで店頭に並ばなくなってしまったり、仕入れられる事が無くなってしまった食品をグラウクス(株)(kuradashi.jp)で引き取って消費者に格安で提供販売しています。

取引先は200社以上!!

 

では数あるネット販売サイトから何故グラウクス(株)(kuradashi.jp)が選ばれるのか?その訳を説明していきましょう。

 

売れなくなった訳あり食品を商談交渉するのは関藤竜也社長本人です!

メーカーが売れなくなった訳あり食品を販売する際に一番困るのは安く販売することによって安物商品のレッテルが貼られてブランドイメージが崩れてしまうことです。

 

グラウクス(株)(kuradashi.jp)ではメーカーのイメージが崩れないようにいくつかの工夫「ここに掲載したい!」と思わせる秘策があります。

【スポンサードリンク】

 

まず食品を販売する際にwebに掲載する際にケース単位の値段を強調して表示して目立たせています。

これは1個辺りの単価を記憶に極力残らないようにして安いイメージを作らない配慮の為です。

 

販売が終わった商品は速やかにネットから削除して値段検索が出来ないようにしています。

 

 

そして購入金額の一部(3%~5%)を社会貢献の団体に送金される仕組みになっています。

参考資料

 

このような社会貢献の表記が購入の際に表示される仕組みになっていますので、購入側としてもこのブランド商品が安いというイメージを記憶に残らず、このブランドの商品は社会貢献しているという、良いイメージ持つことになります。

 

こういった配慮から、グラウクス(株)(kuradashi.jp)ならブランドイメージを壊す事なく安心して訳あり食品を引き取ってもらおうという気持ちになりますね!

 

実際に訳あり商品を店頭で安く売れば普通に消費者が買っていくでしょうが、どうしてもブランドイメージが崩れる為、ブランドイメージを保ったまま訳あり食品を、食品リサイクル法を守るために通常の販売ルートとは異なるルートを使ってうる必要が出てきます。

 

グラウクス(株)(kuradashi.jp)さんの売り上げは 現在1億円です。

2020年の東京オリンピック開催時には売り上げ3桁億円を目標にしているそうです。

素晴らしいですね!!

 

このような通常のルートで食品が売れなくなったものを廃棄すると法律も守れず地球にも良くないですよね?

法律に沿ったルールで良いビジネスチャンスをみつけて、環境にも優しいビジネスが生まれるのは非常に素晴らしいことですね!!

 

私もグラウクス(株)(kuradashi.jp)を始めて知りましたので、

今度利用してみようと思います!!

 

会社概要

代表取締役 関藤 竜也

所在地 〒141-0032

東京都品川区五反田6-24-15 Y.BLDG 5F

TEL 03-5333-2966

FAX 03-5333-2977

設立 平成14年7月7日

 

取引銀行 りそな銀行 新都心営業部

三井住友銀行 新宿西口支店

みずほ銀行 新宿南口支店

 

取得免許 古物商許可証番号 東京公安局委員会 第 303321408699 号

通信販売酒類小売業免許 渋法730

 

会社HP(http://www.glaucks.co.jp/

販売サイト(https://www.kuradashi.jp/

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ