がっちりマンデー「売上げ1000億円企業」8月20日放送まとめ TBS

 

日本の会社のたった0.02%!売上げ1000億円企業とは!

 

 

2017年8月20日に放送されたがっちりマンデー。

今回のテーマは、「売上げ1000億円企業!」。

 

日本には、たくさんの会社が存在しています。

しかし、年商1000億円を突破している企業は、わずか900社!

日本全体でみるとたったの0.02%!!

 

今回のゲスト・経済学者の森永卓郎さんによると、これを偏差値で表すと85だそうで、東大医学部に入るよりもはるかに難しいのだとか!

 

そんな日本の企業ピラミッドの「トップ中のトップ」といえる年商1000億円企業

 

どんな会社が名を連ねているのでしょう。

そして、どんな方法で、年商1000億円を達成できたのでしょうか?

 

番組では、その代表格ともいえる3社について、その戦略もまじえて紹介しています。

 

 

①くら寿司:豊富なサイドメニューと高い品質で勝負!

 
みなさんご存知、回転ずしチェーンとして有名な「くら寿司」。

よく利用する、という方も多いのではないでしょうか。

 

くら寿司は、回転ずし業界のパイオニアとして、1977年に創業。

以来、徐々に業績を伸ばし、2015年に年商1000億円を達成しました。

 

そんなくら寿司の成功の秘訣は、

  • 「サイドメニューの取り組み」
  • 「徹底した品質管理」

なのだそうです。

 

順に見ていきましょう。

 

 

安価で美味しく、手早く作れるサイドメニューの数々

大手寿司チェーン店のくら寿司。

しかし、その魅力はお寿司だけではありません。

 

お寿司以外の食べ物…いわゆるサイドメニューも豊富で魅力的です。

 

くら寿司では、2012年にラーメンの販売を開始。

 

本格的な味が楽しめ、370円という安価であることで人気を博します。

以降もサイドメニューを発表し、ヒット商品をどんどん生み出しています。

 

商品開発担当マネージャー松島由剛さんによると、サイドメニューの試作品は年間3000種類作られるそうです。

そして、毎週試食会が行われ、その中から商品として採用されるのは、わずか50品

 

審査の基準は、味はもちろんのこと、「短時間で味や質が落ちない」、「アルバイト店員がその場で作りやすい」というのもポイントとなるそうです。

こうして、厳正な審査を経て、お客様のもとへ美味しい商品が届けられるのですね。

(辛辣な評価を下されることもあれば――)

 

(意外な試作品が好評を得ることも)

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

品質管理のために新技術を導入

また、2011年にはフタ付きの皿「鮮度くん」を導入。

 

こちら、フタにICチップが内蔵しており、どの商品がいつ作られて、どれだけ売れているのかがチェックできるという優れもの。

これにより、どんな商品をどれだけ流せば良いのかがすぐ把握でき、お客様に好まれるネタをより多く提供できるうえに、廃棄ロスと作業時間を減らすことも可能になりました。

以前は、お皿の裏側にQRコードを取り付け、時間のみの管理しか行っていませんでしたが、新技術を用いたシステムを導入して、より良いサービスやコストダウンに活かしているのですね。

 

 

②クスリのアオキ:地方ならではの利点を活かし、住民のニーズに応える

「クスリのアオキ」という名前、もしかしたらご存知ない方もいらっしゃるかも知れません。

というのも、このアオキ…北陸地方を中心に展開しているドラッグストアなのです。

 

1985年の創業以来、売り上げを伸ばし、2014年に1000億円突破!

そして、2017年現在では1887億と、2000億に近い数字を叩き出しているスーパー企業!!

 

そんなクスリのアオキの特徴を挙げると、なんと「売り場平均300坪」という大規模な点です。

もちろん駐車場も完備。

 

広い店内には、豊富な種類の医薬品・日用品・化粧品がズラリ。

もちろん調剤コーナーもあります。

 

それだけではありません!

なんと野菜、鮮魚、精肉、総菜、冷凍食品といった生鮮コーナーまで!!

 

「ドラッグストアの中にスーパーまで完備。一軒で何でも揃う!!」

 

これが同店の大きな強み。

まさに、“スーパー”企業です!!(笑)

 

 

では、どうしてここまで大規模で、様々な商品を扱っているのでしょう。

 

その背景には、北陸という地方の特徴と、そこに住む住民たちの願いがありました。

 

北陸にはショッピングモールが少なく、様々な日用品や食品をそろえるには、複数の店を訪れなければいけませんでした。

しかし、北陸は寒い地域。

特に冬は豪雪になり、外出するにもひと苦労です。

 

一度で買い物を済ませたい

そんな人々のニーズが高まっていたのです。

 

そこで、広大な敷地に、大型スーパー並みの様々な商品を揃えたのです。

都心ではない地方だからこそ可能な戦略ですね。

 

ドラッグストアのビジネスモデルは、「激安の食品やドリンクで客を集め、お薬や化粧品を買ってもらう」というもの。

ここに「地域性」を絡めて事業展開を行ったことが、「クスリのアオキ」成功の秘訣なのかも知れませんね。

 

 

③高い技術力で世界にその名を轟かせるイシダ

滋賀県に本社を構える株式会社イシダ。

取材班が訪れるなり、「ご無沙汰です」と深々と頭を下げる、イシダの担当者さん。

 

というのも、このイシダ。

「高性能のハカリをつくる企業」として、同番組で取材を行っていたのです。

 

今回、年商1000億円企業としても取り上げられるのですね。

すごいです!

 

さてそんなイシダ。

リーマンショックのあおりを受け、一時期売り上げが低迷したものの、見事V字回復し、2015年に1000億円達成しています。

 

そんなイシダの強みは「新製品の開発力」にあるといいます。

 

イシダの大ヒット商品は、ピーマンの袋詰めマシン「CCWシリーズ」。

こちら、色々な大きさや形のピーマンを選別し、ピッタリ150gに合わせることができる高性能マシンです。

1台1000万円という高値でありながら、世界中で4万台を売り上げています。

 

まさに、高い技術力を駆使した開発力の勝利といえるでしょう。

 

しかし、それだけではありません。

次から次へと新製品を開発しているのです!

2015年開発のトマトの袋詰めマシン「IMAS-G」。

 

こちら、アームに測りがついています。

これをアームの先端に取り付けて使用します。

 

機械全体ではなく、測りが本体であるということで、なんと70万円という安価を実現。

どんな機械にでも取り付け可能というところもすごいところです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

さらに、アニサキスの発見装置「i-Spector

 

京大との共同研究により発見したというアニサキスだけが反応する特殊な光を当て、アニサキスだけを浮き上がらせるという、驚きの機械です。

 

価格も20万円と食品会社が導入しやすい値段。

 

日本人の大好きな魚介類に寄生し、食中毒の原因ともなるアニサキス。

 

それを検出するとのことで、水産業界の救世主としてi-Spectorは大注目。

人気居酒屋チェーン店である磯丸水産の全店舗に採用されるなど、1000万台以上を販売しているといいます。

 

 

このように、高い技術力をもち、それを駆使して有用な新製品を開発し続ける姿勢。

これこそが、イシダが世界的企業に成長した理由なのかも知れません。

 

 

失敗を恐れず大きな市場で勝負!次に来る企業とは?

以上、3大企業について取り上げました。

 

では、これら1000億円企業の共通点とはどのようなところにあるのでしょう。

 

芸人でありながらIT企業にも勤める厚切りジェイソンさんは、失敗を恐れずにどんどん挑戦し、ダメならすぐ止めて良いものだけを残すことがこれらの企業の成功の秘訣と分析し、「これは (自身が身をおく業界である) ITにも通じる」と話しました。

 

また、森永卓郎さんは、「大きな市場で勝負することが大きく売り上げを伸ばせた理由だ」と話します。

 

どれだけいい技術や戦略があっても、マニアックな分野ではそこまで大きな売り上げは望めないそうで、ニーズや注目度の高い分野で勝負し、量と質を兼ね備えた企業だからこそ、1000億円という売り上げを達成することができるのだそうです。

 

 

では、次にどんな企業が年商1000億円企業に名を連ねるのでしょう。

森永さんは、「亀田製菓」と分析します。

 

亀田製菓は、ハッピーターンなど多くのヒット商品を生み出すお菓子メーカーですね。

 

亀田製菓の売り上げは右肩上がり。

昨年は惜しいところで1000億円に届かなかったようですが、今年はいくのでは?とみているようです。

 

また、

「ハッピーターンの表面についた粉が美味しい!」

「ハロウィン用の商品には可愛いイラストが描いてあっていい!」と絶賛しています。

 

少々、個人的な主観が入っている気もしますが(笑)

経済のプロが太鼓判を押す亀田製菓が、どんな躍進を遂げるのかも楽しみですね!

 

 

そして、今後どんな企業が年商1000億円企業へと成長を遂げるのかも、大注目です。

 

 

会社情報

くら寿司

商 号
株式会社くらコーポレーション

 

創 業
昭和52年5月

 

会社設立
平成7年11月

 

資本金
20億532万円

 

代表者
代表取締役社長 田中邦彦

 

売上高
1,136億円(2016年10月末現在)

 

社員数
正社員 1,222名
パート・アルバイト11,489名
(2016年10月末現在)

 

本 部
大阪府堺市中区深阪1-2-2

 

クスリのアオキ

社 名
株式会社クスリのアオキ

 

本 社
〒924-8510石川県白山市松本町2512番地

 

創 業
明治2年7月

 

設 立
昭和60年1月

 

資本金
300百万円(平成29年5月期現在)

 

代表者
代表取締役社長 青木宏憲

 

事業内容
医薬品・化粧品・日用雑貨などの近隣型小売業、調剤業務

 

従業員数
常勤社員1,770名
平均臨時雇用者数3,993名
(平成29年5月期現在)

 

売上高
188,744百万円(平成29年5月期現在)

 

イシダ

社 名
株式会社 イシダ

 

創 業
1893年5月23日

 

会社設立
1948年10月26日

 

資本金
99,630,000円

 

連結売上高
1,091.2億円
(イシダ単体売上高 795.4億円 2017年3月決算)

 

グループ従業員数
3,451名
(イシダ単体従業員数 1,438名 2017年6月21日時点)

 

代表者
代表取締役社長 石田 隆英

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ