がっちりマンデー「東京ディズニーリゾート」3月26日放送まとめ

夢の世界!東京ディズニーリゾートのヒミツに迫る!

東京ディズニーリゾートといえば、誰もがご存じの通り日本で最大級の夢のテーマパークです!

一度は訪れた事がある方が多いと思いますし、まだ行ったことが無い方もこれから行きたい方もいらっしゃるでしょう。

そんな日本最大の夢のディズニーリゾートの舞台裏に潜入します!

 

日本のテーマパークの年間入場者数ですが、東京ディズニーリゾートの2015年度の年間入場者数は何と3000万人!

現在人気急上昇中のユニバーサル・スタジオジャパン(USJ)も1390万人と頑張っていますが、さすが東京ディズニーリゾートは日本最大といったところでしょう!

東京ディズニーリゾートの年間売り上げは2015年度で何と4654億円にも上るそうです!

そんな大がっちりな東京ディズニーリゾートの舞台裏に潜入していきましょう!

東京ディズニーリゾートの舞台裏に潜入

本日のゲストは東京ディズニーリゾートを経営しているオリエンタルランドの社長の上西京一郎さんに来て頂きました!

オリエンタルランド公式(http://www.olc.co.jp/

上西京一郎さんに34年前の東京ディズニーランドオープン時のお話を伺ったところ、「オープン時はゲストさん(お客さん)が本当に1000万人来てくれるか不安でしたね」とのことでした。

東京ディズニーリゾートの年間入場者数はオープン当時の1000万人から今や3倍まで伸びています。

増え続ける理由はご近所さんにあります。

お客さんにどこから来てらっしゃるか聞いたところ!

「都内ですね!」

「埼玉です!」

「愛知県です!」

「千葉と東京から」

地域別来場者数の比率でみても関東から来ている人が67%を占めるそうです。

来場される回数も年2~4回多い方で月に5~10回来場される方もいます。

一番のリピーターは関東近辺の方なんですね!!

そこには常連さんが何回来場しても楽しめるさまざまなアイデアがあったのです!

東京ディズニーランドで大人気のパレードですが、何度訪れても飽きない変化が!

 

【スポンサードリンク】

 

夏に訪れると夏バージョンのパレード!

 

これが秋になるとどうなるのでしょう?

秋にはハロウィン・ポップンライブパレードになって季節を演出します!

冬場はディズニー・クリスマス・ストーリーズと季節によってパレードが変わっていくのでいつ来ても飽きないですね!

 

実はアトラクションにも毎回違う演出が楽しめるアトラクションがあるんです!

ジャングルクルーズ:ワイルドドライブ:エクスペディション

公式引用
ジャングルをこよなく愛する、陽気で勇敢な船長のボートに乗って、ゾウやワニ、ライオンなどのさまざまな野生動物たちを観察しながらジャングルを進む探険ツアー。探険の途中では、驚きでいっぱいの未知なる体験が待ち受けています!ジャングルがより神秘的でスリリングな雰囲気に包まれるナイトクルーズもおすすめ。

こちらのアトラクションですが、どの船長の船に乗るかによって、案内の仕方が全然違うんです!

ジャングルクルーズの(原 麻美)船長の場合

ジャングルクルーズの(菅野 松太郎)船長の場合

船長によって様々なアドリブを利かせて毎回違う雰囲気を楽しめるようになっています。

 

 

お客さんを飽きさせない東京ディズニーリゾートですが、その滞在時間もオープン当初にくらべて伸びています。

お客さんに長くいてもらうのにはどれだけ楽しめるかが大きく影響しています!

テーマパークに来て、ネックになったり、しんどいと感じるのはやはり行列の待ち時間ですよね?

そんな待ち時間を短縮する細かい改良がされているんです。

お客さんが行列に並ぶ手前で係員の方が!

「4名ですか?右へお進みください」

「2名ですか?左へお進みください」

お客さんを人数によって振り分けています。

お話を伺ったところ!

「空席が発生してしまうんです」

以前の並び方ですとグループに関係なく一列に並んでもらうと空席が出来てしまっていました。

二人以下のお客さんと三人以上のお客さんを分けることで、空席を減らして待ち時間を短縮する仕組みなんですね!

因みに私の知る限るでは、ユニバーサル・スタジオジャパン(USJ)ではこのような人数の振り分けに加えてシングルライドというシステムが存在します。

一人で乗る方専用の入り口があり、一人だと待ち時間を大幅短縮できるものなのです。
この方法により空席をほぼ完全に無くすことが出来ます。

シングルライドは今後、ディズニーリゾートにも導入されていくかもしれませんね!

 

東京ディズニーリゾートで販売するディズニーグッズの新商品開発にも潜入してみましょう!
東京ディズニーリゾートでは年間販売アイテム数は20000点!
年間で開発される新商品は5000点以上にもなるそうです!

昨年ヒットしたうさ耳のカチューシャです。

今年はさらに上に行くための改良の会議を行います。

「去年は耳につける帽子のアクセサリーをつけても」

「パチッと留めるだけだったので」

「今回は耳に刺して・・・しっかりと!」

帽子アクセサリーの真ん中に耳を通す改良をしました!!

 

【スポンサードリンク】

 

さらに!

「いかに女の子がかわいく写るか」

「こうやってSNSとかに発信してもらえると」

「フォトスポットを作ってね」

「うさ耳を付ける意味をパーク内に持たせることがスゴく大事!」

人気商品も改良されてより売り上げを上げるように会議が繰り広げられているんですね!

 

 

去年パンケーキサンドにウサギの口を描いた包み紙で口を覆って撮影した写真が、SNSに載って話題沸騰しました!

SNS効果は本当に大きいと思います!

 

 

最近の大ヒット商品としてミッキーのしゃもじと、しゃもじスタンドがそれぞれ大ヒットしました。

写真はしゃもじスタンドの価格です。

しゃもじは500円(税込)になります。

こういうミッキーグッズは人気を浴びそうですね!

 

そのほかにストラップやボールペン等をセット売りすることで、お土産として手軽に配りやすくなり、ヒットしました。

東京ディズニーリゾートのグッズの年間売上げは何と1346億円!

いやぁ、がっちりですね!!

人気グッズは遊びに行くとつい買いたくなるものですね!

東京ディズニーリゾートでは2020年に向けて続々新プロジェクトが準備されています。

その総費用は750億円にも上るそうです。

大がっちりのためには莫大な投資と様々な工夫があるのですね!

 

次はオリエンタルランド(東京ディズニーリゾート)のキャストに迫ってみましょう!

キャストとはテーマパーク内で働くスタッフになります。

 

お客さんの反応は?

「スタッフさんの対応がスゴい!」

「本当に何をしても対応してくれるので、やっぱり夢の国だなと思います」

 

オリエンタルランド(東京ディズニーリゾート)のキャスト(スタッフ)は18000人!

お客さんをもてなしてくれます!

オリエンタルランドのレアなキャストとしてドリームコンダクターという方がいます。

道案内や写真撮影など何でもお手伝いをしてくれる案内役さんです!

パークのことは何でも知っていて頼りになる方でパーク内を徘徊しています。

オリエンタルランドに訪れた際は是非探してくださいね!

 

そんな夢を与えてくれそうなキャストさんですが、新人研修もしっかりしているのですよ!

パーク内の清掃の研修の話ですが、最初の研修が何と「お客さんに声をかける」トレーニングなんです!

 

東京ディズニーリゾートのお掃除係のことをカストーディアルと呼びます。

お客さんに声をかけることや、掃除をする際にお客さんとぶつからないように常に周りを注意して掃除を行っています。

そんな東京ディズニーリートのスタッフ(キャスト)教育は、先輩が新人についてマンツーマンで時間をかけて丁寧に教えてくれます。

マンツーマン研修は時間がかかるかもしれませんが、いいキャストを育てるためには肝心なんですね!

 

まとめ

いかがでしたか?

日本最大級のテーマパーク東京ディズニーリゾートですが、その舞台裏では様々な工夫がされています。

オリエンタルランドが末永くお客さんに親しまれるように存続していくと嬉しいですね。

 

 

会社概要(公式ページ転載)

社名 株式会社オリエンタルランド
設立 1960年(昭和35年)7月11日
代表取締役社長(兼)COO 上西 京一郎
従業員数
正社員 3,211名
準社員 18,057名
(2016年4月1日現在)
事業内容 テーマパークの経営・運営および、不動産賃貸等
業務提携先 ディズニー・エンタプライゼズ・インク
売上高 465,353百万円

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ