福圓美里は声優歴20年!のんのんびよりの映画と共にご紹介

どうも、こんにちは!

6月…梅雨の時期です。

梅雨はジメジメしていて、気分が落ち込んでしまいます。

 

一転、梅雨明け発表の後は、身も心も開放的な気分になる(僕だけですかね?)夏がやってきます。

 

おそらく、日焼けやマリンスポーツなどを通じて、「とにかく太陽の光を全身に浴びたいんだ!」というアウトドア派の方も多いはず(僕もその一人ですが…)。

 

アウトドア派の人もいれば、インドア派の人もいます。

そういった方は、この夏クーラーの効いた自宅でゆったりのんびりと過ごすか、外出先でも少しでも暑さをしのげる場所を求めるのではと思います。

 

 

さて、今「暑さをしのげる場所」という言葉が出ましたが、その中でも僕がオススメするのは、映画館。

 

というのも映画館は、夏場エアコンなどの空調がフル稼働しているほか、売店にはアイスコーヒーやコーラ、アイスクリームなど、まさに暑さをしのげる飲食物がいっぱい。

 

さらに、この夏から公開が予定されている作品が目白押しで、特にアニメーション映画の種類が豊富なんです。

 

その中で僕が特に注目しているのは、2018年8月25日公開の「のんのんびより ばけーしょん」。

 

そして、同作品で「宮内ひかげ」役を演じる福圓美里ふくえん みさと)さんです。

 


(ご本人が所属する劇団ユニット「クロジ」の公式HPより引用)

 

福圓さんは、1998年に発売されたパソコン用ゲーム「etude prologue 〜揺れ動く心のかたち〜」で、桜木美里名義で声優デビュー。

 

2000年に現在の福圓美里に改名し、同年に放送されたテレビアニメ「BOYS BE」への出演を皮切りに「クレヨンしんちゃん」や「ドラえもん」など、放送開始から未だに根強い人気を誇る作品に出演。

 

また、2015年からは、大ヒットしたテレビアニメ「美少女戦士セーラームーン」の新作アニメ作品である「美少女戦士セーラームーンCrystal」において、メインキャラクターのちびうさ役を担当。

 

これまでに数々のアニメ作品でメインとなるキャラクターを演じていることから、その人気・実力共に折り紙つきのベテラン声優さんです。

 

そんな福圓さんのプロフィールはというと・・・

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

福圓さんのプロフィール

1982年1月10日、東京都出身の36歳です。

 

今でこそベテランとしての地位に君臨している福圓さんですが、現在名に改名して間もなかった20歳の頃には、声優業と並行してウエイトレスのアルバイトや、選挙カーのウグイス嬢もやっていたそうです。

 

ですがウグイス嬢に関しては、福圓さん自身が車酔いしやすい体質だったことから、すぐに辞めざるを得なくなったんだとか。

確かに車酔いしながらウグイス嬢を務めるのは、かなりキツイですよね。

 

そんな福圓さんが声優の仲間入りを果たしたのは1998年、16歳の時でした。

 

同年に発売されたパソコン用ゲーム「etude prologue 〜揺れ動く心のかたち〜」において、桜木美里名義で声優デビューを飾ったんです。

 

その2年後の2000年に、現在の福圓美里改名すると、同年に放送されたテレビアニメ「BOYS BE」に出演。

 

そして2004年、後輩にあたる門脇舞(現・門脇舞以)さんと共に、声優ユニット「TAMAGO」(たまご)、また声優仲間の松崎亜希子さん平松あやさんと共に、劇団ユニット「乙女企画クロジ☆」(現・クロジ)を結成。

 

しかし、2006年に平松さんが体調不良を理由に脱退して以降は、現在に至るまで2人で活動しています。

 

なお、クロジとしての活動とは直接関係ありませんが、福圓さん自身も2008年に体調不良で声が出なくなってしまったという苦しい経験が…。

 

これにより、当時出演予定だったテレビアニメ「『喰霊(がれい)―零―』の和泉マミ役を降板。

 

そのほか、現在でも先輩声優の水樹奈々さんと共に出演しているラジオ番組「水樹奈々 スマイル・ギャング」も体調回復のために休み、自身のブログも休止していたようです。

 

おそらくご本人にとっては、これまでの声優人生においてかなり辛い時期だったでしょうね。

 

ですが、その翌年の2009年に、その後の福圓さんの声優活動において決して欠くことの出来ない大きな出来事が。

 

同年12月3日に、PlayStation Portable向けに発売された恋愛シミュレーションゲーム「ときめきメモリアル4」においての登場人物の1人である大倉都子役のオーディションを受け、合格。

 

オーディションを受けた理由として、この大倉都子が持っている設定の“ある部分”に強く惹かれ「絶対に大倉都子を演じたい!」と思い、並々ならぬ気持ちで挑んだんだとか。

 

その結果、合格しただけでなく「ときめきメモリアル4」の発売後、話題を独占し、メインヒロインを超えるほどの人気を獲得したんですよ。

いわば熱意が実を結んだんですね。

 

このため、同作の漫画版のヒロインも務めたほか、発売元のコナミが運営する携帯電話用サイトのコナミネットDXでは「ときめきメモリアルメールドラマ4」のヒロイン役に抜擢。

 

さらにそれだけではなく、専用の抱き枕カバーやグッズも発売されるなど、ここに来ていよいよその知名度は一気に高まっていきました。

 

以後もその実力を見せつけるかのように、様々なテレビアニメやアニメーション映画に出演。

 

近年の主な活動は、昨年2017年からテレビアニメ「BanG Dream!(バンドリ!)」で「海野夏希」役を好演。

 

そして、2018年1月からは同じくテレビアニメ「BEATLESS」で如月明日香役を、7月からは「ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王」で白木優羽莉役を演じることが決まっているなど、デビューから20年を迎える今でもその勢いは衰えることを知りません。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

デビュー20周年のベテラン声優がのんのんびよりに出演!

16歳の時にパソコン用ゲーム「etude prologue 〜揺れ動く心のかたち〜」において、桜木 美里名義で声優デビュー。

 

以来、後輩にあたる門脇舞(現・門脇舞以)さんと共に、声優ユニット「TAMAGO」(たまご)を、また声優仲間の松崎亜希子さん、平松あやさんと共に、劇団ユニット「乙女企画クロジ☆」(現・クロジ)を結成。

 

また2009年には、PlayStation Portable用ソフト「ときめきメモリアル4」で大倉都子役を演じたことで、その知名度を不動のものに。

 

さらに今年は、1月から放送されているテレビアニメ「BEATLESS」で如月明日香役を演じているほか、7月からは「ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王」での白木優羽莉役がすでに決定済み。

 

このように、デビューから20周年を迎えた現在でもパワフルかつエネルギッシュに声優界を突っ走り続けている福圓さん。

 


(のんのんびより ばけーしょんの公式HPより引用)

 

そんな彼女が今年8月25日から公開されるアニメーション映画「のんのんびより ばけーしょん」で演じるのは、高校1年生の女子高生・宮内ひかげ。

 

この作品は、2013年・2015年に放送された「あっと」さん原作アニメ「のんのんびより」の映画版です。

 

宮内ひかげといえば、新幹線が思い出されます。

帰省した宮内ひかげが都会自慢として新幹線の話をしようとした矢先、都会から引っ越してきた一条蛍の飛行機で来たという一言に固まるところ。

…涙が出るほど笑ってしまいました。

 

そののんのんびよりを映画館の大きなスクリーンで観られると思うと、今から楽しみです。

 

皆さんもぜひ劇場へ足を運び、一緒に笑いましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ