シャープ買収の業界最大手鴻海(ホンハイ)と争うフレクストロニクス

 

フレクストロニクスのミニ工場から新分野の量産工場へ!
コストダウンの量産からベンチャー企業の製品の量産へ!

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工場と争うEMS(電子機器の受託製造サービス)大手の変身が急いでいます。

大量生産、電子器機中心、労働集約型といった従来のEMSの概念をくつがえすような構造の改革をしています。

ものづくりベンチャーからスポーツ用品メーカーまで、IOT時代を見据えた新分野の開拓で成長を目指します!!

 

 

注目の「ミニ工場」

米国サンフランシスコの多くの人が行き交うダウンタウンのど真ん中に、レンガ造りのその建物がありました。

建物の中には3本の生産ラインが敷かれていて、数人の男性が電気スケートボードやプリンターを組み立てています。

3Dプリンター(3次元プリンター)検査装置、射出成型機などの最新設備を完備しているフロア辺りの床面積は約600平方メートルと決して広くはありません。

しかし、その建物は立派な“工場”でした!(工場内の様子が上の画像です。)

 

 

ミニ工場で何を!?フレクストロニクス社

その工場を運営するのは、シンガポールに本社があるフレクストロニクスです。

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と競合するEMS(電子器機の受託製造サービス)の大手メーカーです。

1969年創業のフレクストロニクスは、世界に100ヵ所にある大規模工場を活用して、サーバーやゲーム機、スマートフォンなどの電子器機の受託製造で大きく成長してきました。

2016年3月期の売上高は約244億ドル(約2兆7000億円)の知る人ぞ知る巨大企業です。

 

中国圏の顧客を取り込んでいる台湾勢が躍進
●大手EMSの売り上げ規模(2016年)

注:1台湾ドル=3.61円、1ドル=112.1円で換算。緯創資通は2015年12月期
フレクストロニクスは2016年3月期

 

 

EMS脱却後!新しいビジネスモデルへ!!

フレクストロニクスは47年続けてきた「EMS」のビジネスモデルから脱却しようとしています。

大量生産、労働集約型、電子器機が主力――.

このような従来のEMSのイメージを全く覆す新しい企業体への変革を急ぐ!

サンフランシスコの「ミニ」工場はそんな改革を体現している場所です!

 

 

新興勢力の強化とともに大きく遅れをとってしまう!

EMSの従来のモデルは、少ない品種の製品の大量生産を得意として、大規模のメリットを生かしたコストダウンを競争力に2000年代に急成長してきました。

 

EMSの最大手は昨年、シャープを買収した台湾の鴻海(ホンハイ)。

フレクストロニクスは、2009年3月期までは売上高で鴻海(ホンハイ)に次ぐ業界2位でした。

この時のフレクストロニクスは、米マイクロソフトのゲーム機「Xbox」を始めとして、大手メーカーの携帯電話などを受注していてメガEMSの一社として知られていました。

 

 

しかし、近年、台湾や中国を中心にEMSの新興勢力が続々と台頭してきました。

新興勢力は成長が著しい中国圏の顧客を着実に取り込み、規模を拡大してきました。

顧客獲得競争に苦しんだフレクストロニクスは、2010年3月期の売上高以降横ばいが続いて、新興勢力のEMSと比べて伸びが鈍くなってしまったのです。

 

 

フレクストロニクスの新たな戦略とは?

「従来型のEMSとして事業を続けていては生き残れない。強い危機感を覚えた」と、フレクストロニクスのコンシューマ・テクノロジー・グループのプレジデント、マイク・デニソン氏は、振り返ります。

 

EMSは生産技術で他社との差異化が難しく、また、いかに安く作るかの競争を続ければ収益率は低下していってしまう。

さらに、EMSは完成品のメーカーから受託して製造することで成り立つため、将来に向けた独自の成長戦略が立てにくいのが実状でした。

そんな厳しい環境から脱却するため、フレクストロニクスは2015年から、事業方針を180度転換したのです。

普通のEMSとフレクストロニクスの新たな戦略の違い

 

【スポンサードリンク】

 

ミニ工場から卒業、そして、量産!

フレクストロニクスが新たに目指すビジネスモデルは、鴻海を始めとする他のEMSとは抜本的に異なります。

その象徴の一つが冒頭のミニ工場なのです。

 

2015年にオープンしたミニ工場は、ものづくりベンチャー企業を対象にしたビジネスなんです。

ベンチャー企業が持ち込んできたアイデアを基に、フレクストロニクスの社員と共同で設計開発を行い、3Dプリンターなどを使い試作します。

工場内に設置された小規模な生産ラインで、量産技術を磨きます。

 

そして、「量産できるようになれば、彼らはここから『卒業』できる」と、フレクストロニクスのスティーブン・ヘインツさんは説明します。

このミニ工場を「卒業」した製品は、世界各地にあるフレクストロニクスの工場で、増産されるようになります。

 

つまり、「ミニ工場」は単なる試作の場所ではなく、フレクストロニクスの工場で、効率よく生産するための「予行演習」の場なのです。

 

 

本来、好まれないベンチャー企業の製品へ!

一般的に、少品種の大量生産を得意とする大手EMSは、規模が小さく需要見通しが立ちにくいベンチャー企業の製品を好みません。

フレクストロニクスは、他のEMSが敬遠するこの空白地に商機を見いだしたのです!!

「汎用化された製品を大量に造るだけでは差異化することは難しい。

ベンチャーと一緒にアイデアから量産技術まで作り込み、付加価値の高い製品を多品種少量で手掛けた方がメリットは大きい」と、ヘインツさんは断言します。

 

2015年のミニ工場のオープン以来、同施設を利用したものづくりベンチャーを中心とする企業は約1000社。

厳しい事前審査を通過した企業のみが利用することができ、卒業までの期間は3ヶ月から1年と様々です。

 

製品として差異化が難しかったり、量産技術の確立ができなかったりする場合、中退する企業もあります。

1社が卒業をすればまた新たな企業が入る…こうした新陳代謝が繰り返されているのです。

 

 

お互いにとって有益!

ベンチャー企業側に取ってもメリットは大きい!

フレクストロニクスの工場で量産ができれば、フレクストロニクスの世界的な物流ネットワークを活用して一気にグローバル展開できるからです。

 

顧客名は伏せられていますが、世界的にヒットのスマートウォッチもうこのようにして誕生しました。

現在、試作量産中の電動スケートボードがフレクストロニクスの巨大工場で量産される日も近いです。

 

 

そんなモノまで作るの?

もう一つ、ライバルのEMSと異なる点があります。

それは、「EMS」ありながら「E」のElectronics(電子器機)以外の分野の受託製造を急拡大しているんです。

E以外の分野は、靴やジャケット、医療器機など幅広い!

これまで培ってきたものづくりのノウハウを生かして、従来のEMSが手を出していなかった新市場への参入もしています。

 

2015年、フレクストロニクスは米ナイキからスポーツシューズの製造を受託しました。

「40年変化のなかったシューズ業界にものづくりのプロの知見を投入し、シューズ製造に革命を起こす」と、ナイキのエリック・スプランクCOO(最高執行責任者)は熱く次の狙いを話します。

 

 

当然、フレクストロニクスにとっても靴の製造は、初めてです。

そこで、アジアにある靴工場を視察しました。

その際、手作業が中心の生産工程の問題点を見つけ、長年蓄積したレーザー加工技術を生かし、レーザーでも生地に焦げ目を付けずに切断できるシステムを開発したのです。

 

また、金型の交換を行わずに、幅広いサイズの靴を一度に生産することが出来るようになりました。

オーダーメイドの注文にも素早く応じられるようになり、材料も無駄なく使用することができるようになり、生地の廃棄量も半減できたそう。

現在までに、計1億足のナイキの靴をフレクストロニクスの工場で生産しています。

 

このような新規分野の製品がフレクストロニクスの売上に占める割合は、2010年の15%から37%(2016年)に拡大しました。

これを2020年には45%まで高めていく計画です。

 

 

完全脱却…?

電子機器の製造の分野から完全に脱却するという意味ではありません。

「全ての産業を顧客にしたい」と、CMO(最高マーケティング責任者)のマイケル・メンデンホールさんは強調します。

 

その先に見据えるのは…

「Internet of Things(モノのインターネット化)」の時代です!

 

 

あらゆるモノがインターネットに繋がる世界に向けて…

シリコンバレーの都市、ミルピタスにあるフレクストロニクスの「イノベーションセンター」には、同社が様々な企業と共同開発をしたIOT機器が多数展示されています。

 

スマホの無線充電器が内蔵されているハンドバックや、身体情報をリアルタイムで計測を行ってスマホに情報を送る指輪、スピーカーやディスプレイが搭載されているジャケットなど、ユニークな製品が目を引きます。

 

衣類や住宅、インフラなど、あらゆるものがネットに繋がるIOTの時代です。

バッテリーやモーター、通信器機などの、エレクトロニクスの技術はEMSの得意分野であります。

このような技術が「非エレクトロニクス」の製品に搭載されるようになれば、これまでEMSとの関係を持たなかった業界にも商機が広がります。

例えば、シューズ型のウエアラブルデバイスの市場が将来立ち上がった時には、ナイキとの連携で培った靴の生産技術が生かされるはずです。

 

【スポンサードリンク】

 

あくまで黒字にこだわって堅実に!

一方で、フレクストロニクスは“黒字”にこだわる戦略は変更していません!

鴻(ホン)海(ハイ)のように自社ブランドを持つシャープのようなメーカーの買収をしたり、台湾の大手EMSの和碩聯合科技(ペガトロン)のように自社ブランド製品を手がけたりすることは考えていないそうです。

 

「設計から生産、販売に至るまで、顧客企業を徹底的にサポートし続ける」とメンデンホールCMOは笑顔で話します。

 

 

世界の生産状況を一元管理

エレクトロニクス以外の新しい分野への参入、多品種少数生産の強化など、既存のEMSとは違う戦略を次々と打ち出すフレクストロニクス!

2016年3月期の売上高は2014年3月期と比べて6.4%減の244億ドルですが、純利益は16%増しの6億4500万ドルです。

改革の結果は、業績に次々と現れ始めています。

大胆な事業構造の転換をスムーズに進めることができる理由の1つとして、生産現場の柔軟な変化に対する対応力です。

それを支えているのが、世界100ヵ所にある工場と1万4000社を超えるサプライヤーの状況をリアルタイムに一元で管理するパルスプラットフォームと呼ばれる管理センターである。

工場の稼働状況や生産の個数、サプライヤーの在庫情報、自然災害の情報など。

パルスプラットフォームの管理センターには世界中の工場などの拠点から、ありとあらゆる情報が集まってきます!

 

情報は管理センターで整理され、22枚のパネルがつながった大型のタッチディスプレイに地図やグラフなどのデータとして表示されます。

管理担当者は世界中の拠点の状況を把握して、各工場のサプライヤーへ指示を出します。

 

 

例えば、地震や洪水などの自然災害が起こった場合。

どの製品のサプライチェーンに影響が出るか、その代替部品はどこから調達できるかなどの情報をリアルタイムで把握できます。

災害など急な環境変化に対応しやすい。

さらに、新しい生産品目が次々に増える工場も、管理センターの指示により混乱することなく生産を続けていくことが出来ます。

 

 

トランプ政権の影響にも注目

足元では、米国への雇用回帰を訴えているトランプ大統領の政策が、フレクストロニクスの生産体制にどのような影響が起こるか注目されています。

フレクストロニクスは米国に9か所の工場を持ち、過去4年間で3億ドル(約336億円)以上を投資しています。

EMSとしては米国最大規模の生産能力があります!

 

現時点で、米国での雇用拡大や工場の増設は未定です。

「グローバルな生産体制が前提で、1カ国に拠点を集中させる考えはない」と、クリストファー・コリアーCFO(最高財務責任者)は話します。

しかし、メキシコにも工場が5か所あり、今後は生産体制の見直しを求められる可能性があります。

 

 

ものづくりは鴻海だけではない!

EMSという業界は、シャープを飲み込むまでに成長した鴻海(ホンハイ)に光が当たりがちです。

そんな中で、フレクストロニクスの戦略転換はIOT化とベンチャーの台頭で、ものづくりという世界に次の変化が起きている事を示しているといえます。

同じような製品を大量生産するモデルで成長してきた日本メーカーも、この波は見過ごしてはいけない!!

 

 

広大な工場を活かし、コストダウンを図って生産してきたフレクストロニクス。

しかし、鴻海をはじめとする台湾や中国の企業に押されていました。

そんな中、ミニ工場でモノづくりの練習を重ね、その後、大きな工場で量産を行うことでベンチャーの生産に資するビジネスはとても素晴らしいです。

 

これからも、次々に生まれて来る新しいモノが楽しみです!

 

 

 

会社情報

公式サイト(https://flex.com/

<会社概要>

  • 代表者:ウィリアム リー
  • 資本金:100,000千円
  • 従業員:369名
  • 創業:昭和56年
  • 設立:平成19年

 

<事業内容>

電子機器の設計サポート・受託製造・資材調達・修理保守などサプライチェーンサービス

♦設計&製造サービス
試作&NPI(新製品導入)、製品認証、製造・検査プロセスとサプライチェーンの設計構築、検査機器の開発、先進的なBTO/CTO、フルターンキー委託など
♦サプライチェーンサービス
システムとボードレベル修理、BGA交換&X線検査、新品再生・アセットリカバリー、インバウンド/アウトバウンドロジスティクス管理、倉庫在庫管理、  ダイレクトフィルフルメント、B2B&B2C eコマースソリューションなど

 

<得意&特徴>

♦フレクストロニクスの日本唯一の工場
グローバル展開が可能
♦トヨタ生産方式をベースとした、世界トップレベルのものづくり力
フレキシブルな文化、豊富な経験を通じて、最適なサプライチェーン、エンジニアリング、製造、ITサービスとシステムを提供
多品種変量生産

♦革新的なビジネスブラットフォームにより、パートナーであるお客様個々のご要求に合わせた、新しいサービスをカスタマイズしてご提供。

♦お客様がスピード感、機敏さを持ちながら、革新・進化を遂げることを可能にし、市場への早期参入を実現。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ