エヴァンゲリオン映画の新作…お願いします…アニメと映画を観てます


(日本テレビ 金曜ロードSHOW! 公式ページより引用)

 

♪だーん、だーん、だーん、だーん、だんっだんっ♪

だーんだーんだーんだーんファー♪

だっぱっぱっだっぱっぱっだっぱっぱっ♪

ちゃんちゃらちゃんちゃららーんらーんらーんファー♪

だーらーらららーららーらーらー♪

♪だーらーららーららーらーらー♪

 

いきなり鼻歌からはじまってしまいましたが、この曲はなにかお分かりですか?

この曲は…

あの名作アニメ新世紀エヴァンゲリオンの劇中BGM『DECISIVE BATTLE』です!!

 

新世紀エヴァンゲリオンといえば、1995年のTVシリーズの放送以来、爆発的な人気と数々の記録を樹立。

さらに社会現象まで巻き起こし、「20世紀最大のアニメーション」と評されたアニメです。

 

1997年の劇場公開でいったん完結したものの、2006年から『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』として生まれ変わり、現在では、日本を代表する名作アニメとなっています!

 

実は、筆者である私、この作品に…ダダハマリなのでございます。

どのくらいハマッているかというと、学生時代に「エヴァンゲリオン」という名称の飛び蹴り技を開発し、
今でもヒロインである綾波レイと惣流・アスカ・ラングレーを女神と崇めているほどです!!


綾波レイ
(NHKアニメワールドのHPより引用)


惣流・アスカ・ラングレー
(NHKアニメワールドのHPより引用)

 

なので、今回…エヴァの記事を書くことができ…私…はやる気持ちを抑えられません!!

 

ですので、どうか…どうか…

生温かい目で読んで頂けると嬉しいです。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

エヴァンゲリオンってどんなアニメ?関連グッズも大ヒット!

「エヴァンゲリオン」のはじまりは1995年。

TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』として、テレビ東京系で放送されました。


(NHKアニメワールドのHPより引用)

 

原作は、当時から数々のヒット作を手掛けてきたアニメ制作会社GAINAX。

メガホンを取ったのは、ジブリの『風の谷のナウシカ』でアニメーターデビューし、GAINAX入社後も多くの名作を生み出してきた庵野秀明監督

 

大災害「セカンドインパクト」が起きた世界(2015年)を舞台に、巨大な汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった14歳の少年少女たちと、第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描く――。

といったストーリーです。

 

ですが、登場人物らの揺れ動く心理描写や、謎が謎を呼ぶ斬新なストーリー展開、さまざまな技術を用いた映像表現などが話題となり、多くの評論家・知識人を巻き込んでさまざまな考察がなされました。

特に、TVシリーズの「最終2話」は、これまでのストーリーをぶっ飛ばし、主人公の心の内面の描写だけで構成され、賛否両論を巻き起こしました。

 

そして、1997年に映画版が公開。

春にはTVシリーズの総集編「DEATH篇」と、新編「REBIRTH篇」で構成された『シト新生』が公開。

さらに、夏にはその最終2話を、ストーリーも交えて再構成した劇場版『Air / まごころを、君に』が公開。

狂気さえ感じさせる残酷な描写や、ファンの誰もが予想し得なかった驚くべき展開で、問題作と言われながらも大ヒットを記録します。

 

また、ヒットしたのはアニメだけではありません。

 

エヴァンゲリオンの主題歌に起用された高橋洋子さんの『残酷な天使のテーゼ』は、当時80万枚を超える大ヒット。

アルバム『NEON GENESIS EVANGELION Ⅲ』は、アニメのサウンドトラックとしては異例のオリコンウィークリーチャート1位を記録しました。

 

さらに、同作のキャラクターデザインを担当した貞本義行さんの手により、漫画版がアニメと並行する形で連載されてきましたが、開始から19年後の2014年11月に第14巻をもって完結。

庵野秀明氏によるアニメ版とは違った独自の解釈で描かれ、『貞本エヴァ』として人気を集めています。

 

近年はパチスロでも登場し大人気となりました。

「打ったことある」という人も多いのではないでしょうか。

 

このように、賛否両論ありながらも多くの人々に注目され、社会現象を巻き起こしたエヴァンゲリオン。

その類稀なる影響力から、「20世紀最大のアニメーション」と評されるようになりました。

 

 

新劇場版大ヒット!4部作完結を約束するも……?

物語としては1997年の映画をもって完結したエヴァンゲリオン。

しかし、2006年にファン垂涎の発表がなされます。

 

監督である庵野秀明氏が立ち上げたアニメ制作会社のスタジオカラーより、
本作を新たな設定・ストーリーで「リビルド(再構築)」し、これまでの世界観も盛り込んだ『序・破・急』の3部作に、完全新作を併せた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの制作が発表されたのです。

 

そして、2007年夏に第1作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版・序』が公開。


(allcinemaより引用)

 

TVシリーズの序盤の内容を踏襲しながらも、新たな設定や最新の映像技術を駆使したダイナミックな映像で、興行収入20億円の大ヒットを記録します。

さらに、2年後の2009年…より多くの新設定や新キャラを盛り込んだ『』が公開。

興行収入は前作の倍にもなる40億円を記録。


(スタジオカラーの公式HPより引用)

 

この『破』…。

個人的にですが、日本の映画史上に残る名作だと思います。

 

どうしようもない運命に翻弄されながらも、ピュアな気持ちを失くさず、理想や願いに向けてひたむきに頑張る少年少女たちの姿。

私、映画館でリアルに号泣してしまい、しばらく呆然自失状態となり、駐車場から発進しようとする車に勝手に突っ込んで轢かれそうになってしまいました(笑)。

 

その車の運転手さん…ごめんなさい。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

そして、2012年。

第3作の『Q』では一転、以前のエヴァンゲリオンのような謎やダークさを押し出した作風で、前作をもしのぐメガヒットになりました。


(スタジオカラーの公式HPより引用)

 

90年代は、まだ「アニメファンに向けたアニメ」というイメージが強かったエヴァンゲリオンですが、これら新劇場版のヒットにより、「金曜ロードSHOW!」でも放送される国民的アニメへと変貌を遂げました。

 

しかし、『Q』の公開からしばらく、肝心のエヴァンゲリオン新作の公開の情報はぷっつりと切れてしまいます。

 

しかも、総監督を務める庵野秀明氏。

2013年に公開されたスタジオジブリ作品『風立ちぬ』で、主人公・堀越二郎のを担当し、ファンを驚かせました。

 

昨年の2016年には、『シン・ゴジラ』の総監督を務め、世界的に注目を集めます。


(シン・ゴジラ公式HPより引用)

 

 

精力的で輝かしい活動はしているものの、「肝心の“エヴァンゲリオン新作”はどうなった!?」と、ファンから疑問の声が上がっているのも事実。

なんでも庵野さん、『Q』の制作後、精神的にかなり落ち込んでしまったそうです。

あまりに情熱を注ぎすぎて、精根尽き果てちゃったんですかね……。

そう考えると、『風立ちぬ』や『シン・ゴジラ』は再びエヴァに向かうためのリハビリという意味合いもあったのかも知れません。

 

 

新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』は公開いつ?

で、肝心の新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の制作状況はというと……。

結論から言うと、「まだあまり情報は公開されていない」というのが現状です…。

 

 

「…やっぱりもう作られないんじゃ……」と悲観的になることはありません!

徐々にではありますが、新作の情報は出始めています。

 

 

2014年、日本アニメ(ーター)見本市で新作の展開を思わせるようなショートムービー『until You come to me.』を公開。

主人公・碇シンジを中心に、閉塞された世界にたたずむ少年少女たちを描く、まさに「エヴァンゲリオン」といった世界観の作品。

「これが新作の雛型になるのでは?」という考察が出るのも頷けます。

 

また、長らく更新されていなかった同作の公式HPが更新。

シン・エヴァンゲリオン劇場版:|| 鋭意創作中」の文字がでかでかとかかれています。


(エヴァンゲリオン公式HPより引用)

 

さらに、本年7月、現在庵野氏が代表を務めるアニメ制作会社カラーが、ドワンゴらとアニメ制作会社「プロジェクトスタジオQ」を、福岡を拠点に設立することを発表。

若手アニメーターの人材育成を図り、彼らをエヴァンゲリオン新作のスタッフに加える意向についても話しました。

 

このように、大っぴらとはいえませんが、少しずつでも新作の制作は進んでいるようです。

 

 

また、庵野秀明総監督は、2014年のインタビューで「エヴァは本当に大変」とうなだれながらも、こんな決意の言葉を口にしています。

「(これまで次回作の公開まで)2年、3年とかかってきたので、次は4年、いや6年、間隔が空いてもいいのかな(笑)。いや、頑張ります」

 

6年とは――長すぎる気もしますが、それでも作り上げてくれたら嬉しいというもの。

公開されるその日を、首を長くして待ちましょう。

 

 

まとめ

社会現象を巻き起こし、『新劇場版』を経て、現在では国民的アニメにまで成長したエヴァンゲリオン。

しかし、最終章となる新作の公開についてはしばらく情報が出ない状態でしたが、今では少しずつ制作は進んでいるようです。

公開はいつになるのか、そしてどんな内容になるのか!?

劇場でそれを目にする日が楽しみですね!

 

庵野秀明さん、心待ちにしているファンのため、一日も早い公開よろしくお願いします!!

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ