イー・ロジット…売上高37億円を達成したネット通販の礎

 

現在、インターネットを利用した通販は、日を追うごとに活発・拡大しています。

 

実際に店頭で買い物をすることもあると思いますが、お店が遠かったり・行く時間がなかったりなどの理由により、ネット通販を利用するという人も多いのではないでしょうか。

かく言う私もよくネット通販を利用しています。

一度、ネット通販の便利さを知ってしまうと抜け出すのは難しいですよね。

 

そんなネット通販を含むEC(電子商取引)は、2016年に15兆1358億円という大きな市場規模となっています。

この数字は、10年前の7兆7880億円と比べると、ほぼ2倍。

その理由として、スマートフォンの普及が追い風になっているとされ、今後も増加が予想されています。

 

そんなネット通販の世界で活躍する企業があります。

その企業とは…


イー・ロジットの公式サイトより引用

 

イー・ロジット

イー・ロジットの2016年3月期の売上高は、37億8600万円。

しかも、同社の設立は、2000年2月。

16年で37億円を売り上げる…すごい会社に。

 

ネット通販業界といえば、Amazon楽天のような大手が台頭している世界です。

そんな世界で、同社はどのように活躍して、37億円を売り上げたのでしょうか。

 

 

一般的な流れ

どのようにして活躍しているかの前に、一般的なネット通販サイトでの流れを見てみましょう。

 

  • ①まず、サイト上に商品を掲載します。
  • ②その商品が注文されます。
  • ③注文を受けた会社は、商品を梱包し、配送する。

と、一般的にはこのような流れになります。

この中で、イー・ロジットはどこで活躍しているのでしょうか。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

イー・ロジットの範疇

ネット通販で活躍するイー・ロジット。

その範疇は、物流です。

 

つまり、物の移動に関係する場面で活躍しています。

 

小さいから必要

しかし、物流に関わるといっても、大手のネット通販会社をイメージすると、注文を受けると自社の倉庫から商品を取り出し、梱包して配送します。

こんな状況のネット通販業界の物流で、なぜ活躍できるのでしょうか。

 

ネット通販会社から消費者への物流は、企業同士や個人同士の物流よりも作業量が多い。

中小企業にとって、ネット通販の作業に人材を割くことが困難だからです。

 

例えば、商品を掲載するため商品の詳細文・説明文を書き、商品の写真を撮影しなければなりません。

さらに、注文を受けた商品を倉庫から取り出し、注文された商品であることを確認し、梱包し配送する。

それだけでなく、キャンセルやクレームへの対応などもあります。

 

その全ての作業に人手が必要になり、コストがかかることになるからです。

 

また、商品を保管する倉庫・その倉庫管理などの問題もあり、これにもコストがかかります。

このような問題に応えてくれるのが、イー・ロジットなのです。

 

 

特徴

同社のサービスの特徴は、顧客となる会社が求めることに、きめ細かく対応できるというところにあります。

例えば、商品撮影を代行することで、顧客となる会社は商品の入荷後すぐにネット通販サイトに掲載できます。

また、商品の包装を代行し、イベント時の特別な包装にも対応しています。

 

このように顧客の会社の要望にきめ細かく対応できるというのが、イー・ロジットの特徴です。

 

実際、イー・ロジットを2015年から利用しているカー用品大手のオートバックスセブンの小野田裕繁ネットビジネス推進部長は、「自社で独自の配送スタッフを用意する必要がなくなったため、出店しているアマゾン(や)楽天市場のセールの時だけ、臨時で人員を増やすといった手間がなくなった。
と話します。

 

さらに、同社にはもう一つ大きな特徴があります。

それはカイゼン

 

実際に作業を行っている従業員が改善案を提案します。

全社で年間提案数は3000件。

毎月1人1件以上の提案を目標としています。

 

その出された改善案を各作業班のリーダーが一つひとつに対し、理由を述べながらその良し悪しを判断します。

そして、良いものは実際の作業内に導入されます。

 

より良いカイゼンを行えるようにするため、提案は月に1回表彰し、1年間を通じての優秀賞も選ばれます。

 

 

改善例としては、ある企業用に特別に使っていた箱の種類を変更しました。

1枚のフタを上からかぶせて閉める箱を、左右にある2枚のフタを真ん中で合わせて閉める箱に変更したのです。

これにより、1箱あたり4秒の作業時間の短縮が可能となり、資材費で年間292万2000円、人件費では年間86万5000円を削減できたそうです。

 

非正規社員によるこの提案が2015年度の最優秀個人提案賞に選ばれ、10万円の報奨金が贈られたそう。

このような特徴を武器に大手ひしめくネット通販業界にその身を投じ、見事、37億円という売上高を記録し、未だ成長を続けているのです。

 

インターネット通販はニッチな商品をどれだけ数多く取りそろえられるかが重要。ただ規模の小さな会社では、種類が多いと、一つひとつの物流を管理するのが難しい。それを一括して代行できるのが我々の強み」と、イー・ロジットの角井亮一社長は自信を見せます。

 

 

目指すところ

人手が足りないにもかかわらず配達量が増加、また、急な予定が入り指定した時間に家にいられないという悩みを軽減するアプリ「ウケトル」を関連会社で開発しました。

 

「我々の仕事は購入者が商品を手に取るまで」と、角井社長。

その言葉が表す通り、発送後、消費者が商品を手にするまでの過程の改善も目指しています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

この記事を読んで

現在、私たちの生活と切り離すことができないくらいに身近になったネット通販。

お店に買いに行く時間がなかったり、お店に商品がなかったりした場合、ネット通販は非常に便利です。

 

そのため、ネット通販を行う会社は数多くの商品を取り扱わなければなりません。

それに対応するには、多くのコストを要してしまいます。

 

この点、大手ネット通販会社であれば、自社の体力で様々な対応をすることができます。

それが困難な会社もあります。

 

それを解決すべく立ち上がったのが、イー・ロジット。

 

物流において、様々な要望に応える同社は、ネット通販をしたいと考えている会社の希望です。

また、消費者である私たちの手に商品が届くまでと、その過程までも改善しようと目指しています。

 

そんなイー・ロジットには、もっともっと活躍してもらいたいですね。

そして、私たちのネット通販生活を今より便利にしてもらい、結果、より多くの消費を促し、迷走する日本経済に底上げに寄与してほしいです。

 

 

会社概要

会社名
株式会社イー・ロジット
(英語表記)e-LogiT co., ltd.
公式サイト
http://www.e-logit.com/
東京本社
〒101-0024
東京都千代田区神田和泉町1番地1ー7
東陽ビル1階
TEL: 03-5825-1720
FAX: 03-5825-1721
大阪本社
〒577-0016
大阪府東大阪市長田西1-5-40
TEL: 06-4308-8977
FAX: 06-4308-8978
業務内容
通販物流アウトソーシング
取扱商品:雑貨、アパレル(レディース・メンズ・ヤング・ジュニア・キッズ・ベビー・スポーツカジュアル)、化粧品、日用雑貨、ペット用品、PCアクセサリー、スポーツ用品、アウトドア用品など
物流コンサルティング
物流現場改善
物流業務改善(受注/物流/発注)
物流センター開発/移転
在庫圧縮/在庫削減
組織作り/リーダー作り
物流システム構築支援
物流システム選定(WMS・TMSなどを候補選定→コンペ→比較検討)
物流システム構築(要件定義→仕様設計→システム開発)
発注支援システム構築(発注ロジック構築→システム開発)
その他
企業研修・社員研修・講演・講習
幹部研修
新入社員研修
内定者研修
現場リーダー研修
実践型プロジェクト研修
基調講演/セミナー講師/勉強会講師
対象業種
<一般事業者>
取扱商品:食品(加工食品、生鮮食品、冷蔵冷凍)、メディア(DVD、書籍、CD)、アパレル、電子部品、PCアクセサリ、日用雑貨、化粧品などなど
業態:小売(通販、チェーン店など)、卸売、製造メーカー
<物流事業者>
業態:倉庫業、運送業、総合物流業
<物流関連事業者>
業種:パッケージベンダー(WMS・TMS・ERPなど)、SI、物流不動産
設立日
2000年2月14日
取締役
代表取締役 角井 亮一
  取締役 大森 茂
  取締役 秋元 征紘(ゆきひろ)
監査役
菅田 勝
芹沢 俊太郎(公認会計士・税理士)
従業員数
約300名(パート・アルバイト含む)
資本金
8,000万円
株主(抜粋)
角井 亮一
三菱商事株式会社
光輝物流株式会社
株式会社フルキャスト
株式会社JC
他 (計9)
監査法人
みさき監査法人
主要取引銀行
三井住友銀行 深江橋支店
みずほ銀行 船場支店
三菱東京UFJ銀行 船場支店
【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ