第一織物…ルイ・ヴィトンやモンクレールなどが頼る繊維の匠!

 

合成繊維は、人の生活になくてはならない衣類を構成する生地として重用されています。

近年では、海外でも機能性の高い合成繊維を使った衣類が作られ、安値で売られていますね。

 

しかし、そんな時代の中で、「高級感」のある合成繊維を高い技術をもって作り、世界的に注目を集めている企業があります。

 

福井県にあるその会社は、自らの技術や高い品質を駆使し、「メード・イン・北陸」の名を世界にはばたかせようとしています。


(第一織物の公式サイトより引用)

 

その会社とは、第一織物 株式会社

今回は、そんな大きな志を持ちながら精力的に運営を続ける「第一織物」にスポットを当てます。

 

 

匠の技で生み出す『高感性』

JR福井駅から車で約20分という郊外にある第一織物の本社。

その工場では、整然と並んだ何十台もの織機がけたたましい音を立てながら生地を織り上げています。


(福井県にある本社工場の様子。日経ビジネスオンラインより引用)

 

資本金は2000万円、社員数は52人。

規模的には典型的な中小企業。

 

しかし、同社の作る生地の評判は上々。

モンクレールや仏ルイ・ヴィトンなど、世界的なブランド高級アパレルブランドの数々が、福井にまで訪れるといいます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

どうして地方の中小企業が、ここまで世界的に評価されているのでしょう。

 

それは、同社が唯一無二ともいえる『高感性』のある繊維生地を携え、世界のアパレル市場に進出し、強烈な存在感を放っているからです。

 

第一織物の主力商品は、超高密度で織り上げたポリエステル製の合繊(ごうせん)生地。

100%ポリエステル製にもかかわらず、天然の麻素材にしか見えない。

さらに、手触りはまるで綿素材のよう…でもって、ポリエステル製の質感も持っています。

 

 

縦糸と横糸をセットして機械で織り上げる制作の工程は、一見単純なようですが、使う糸の種類や、織る力の加減を細かく調整することで、無数のバリエーションを生むようになります。

このように、人の経験や感覚を頼りに織り上げる「匠の技」で、人の感覚に訴えかける『高感性』のある生地を作り上げる。これが同社の武器です。

 

 

業界の常識に逆行した“独自性”が成功のカギ

第一織物の現社長である吉岡隆治が、父親から会社を継いだのはおよそ35年前。

当時は帝人の下請け企業の一社でした。


(吉岡隆治社長。日経ビジネスオンラインより引用)

 

福井は国内屈指の繊維産業の集積地として知られていますが、繊維産業は中国への生産移転によって急激な空洞化が起こっていました。

 

そこで、福井の企業の多くは「高機能による差別化」を図ります。

生地中の糸の密度を可能な限り高め、アパレル向けからスポーツ用、そして産業用資材へと進化していくことが、生き残りの道だと考えたのです。

 

第一織物も当初はその流れに乗り、ヨットの帆やパラグライダーに使われる高密度の生地を主力としていたそうです。

しかし、バブル崩壊のあおりを受けて需要が激減。

 

このまま「中国と機能性で戦ったら、必ず負ける」

そう考えた吉岡社長は方針を変更。

 

“高機能”ではなく “高感性”を打ち出して、ファッション用生地に活路を見出そうと考えます。

そして1996年に、その象徴となる合繊生地「ディクロス」を開発しました。

 

 

自社で世界に売り込み!『メード・イン・北陸』を広めたい!!

このように、“高感性”という独自性のもと、生地を作り続けてきた第一織物。

その販路開拓についても、独自性がありました。

 

現在、同社の取引先の7割が海外。

このような海外企業との取引は、専門の商社に任せるのが一般的です。

 

しかし、第一織物では、販売も自社で直接手がけています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

自社で販売を行うようになったきっかけは、ディクロスを完成させた後のことです。

ディクロス完成後、吉岡社長は国内市場の縮小を見据えて、欧州など海外に販路を拡大しようと考えました。

しかし、当時はファッション用の合繊生地という市場自体が日本はおろか、世界にもほとんど存在していませんでした。

そのため、商社に頼んでも…「値段が高過ぎて売れない」と、門前払いという状況。

 

そこで、吉岡社長は自ら韓国や欧州に渡り、現地のアパレル企業や生地ディーラーと直接交渉して販売網を広げていきます。

 

運が良いことに、吉岡社長が海外で販路を確立したタイミングは、アウトドアやスポーツ用品向けの合繊生地が高級ブランドに採用された時期と重なりました。

「柔らかな手触り」、「軽い質感」といった需要に対応できた第一織物は、ファッション向けの合繊生地の市場の拡大とともに急成長しました。


(ここ数年で急激な売り上げ。日経ビジネスオンラインより引用)

 

このように、「需要などない」と言われることがありながらも、自らの信念で販路を拡大し、成長してきた第一織物。

 

現在、大ヒット商品となっている麻素材にしか見えないが、綿素材のような手触りの生地も、発売当初は「こんなもの誰が使うんだ」と散々な評判でした。

しかし、ふたを開けてみると大人気となったことで、言った本人が後で謝りに来た、ということがあったそうです。

 

 

最近では海外のみならず、国内アパレル企業も再び福井を訪れるようになったそうです。

また、2014年からは北陸の同業他社と組み、生地の共同開発や販路開拓などの旗振り役を務めています。

近隣の企業と一丸となって、世界に「メード・イン・北陸」を発信し続けているのです。

 

 

まとめ

繊維業の盛んな北陸・福井県の中でも、高感性という独自の方針を打ち出し、ファッションの分野で今や世界に注目される会社となった第一織物。

今では、国内でも注目を集め、北陸の企業と手を組みながら、「メード・イン・北陸」の名を世界に羽ばたかせるべく活動するなど、その意欲は衰えません。

 

今後、どんな事業展開で世界にその名を轟かせるのか。

第一織物のこれからに期待が集まります!

 

 

会社情報

社 名
第一織物

 

本社所在地
福井県坂井市丸岡町四郎丸4-100

 

設 立
1948年

 

資本金
2000万円

 

社 長
吉岡隆治

 

売上高
22億2186万円 (2016年7月期)

 

従業員数
52人 (2016年4月時点)

 

事業内容
ファッション衣料織物やスポーツ衣料織物の製造販売、
アパレル製品の企画・販売

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ