お盆 2016 期間はいつ?旅行をお考えのあなたも!

bonvacation

今年から8月11日が祝日になりましたね。

山の日』です。

企業によっては、従来のお盆休みに加えて大型連休になるところも。

帰省する方も、旅行の計画をたてる方もいるでしょう。

今回は2016年のお盆と期間について調べました!

旅行をお考えの方もぜひ参考にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

お盆とは?

今は、8月13日から16日という考え方ですよね。

けれども旧暦(明治6年まで)のお盆 は7月13日から16日までだったのです。

今でも一部の地域では旧盆といって、この期間をお盆としているところもあります。

昔は、農業の人口が多かったので、忙しい7月ではなくて、8月にお盆をずらしたとも言われていますよ。

何で13日から16日?

『 迎え火 』と『 送り火 』という習わしからです。

玄関など、家の正面に麻のくきを折って火をつけたのですね。

その火で、ご先祖様を迎え、また火を焚いて送り出していました。

京都の有名な『大文字焼き』は五山の送り火。

京都を囲む五つの山に送り火を焚きます。 8月16日に行われます。

家庭のお盆

地方によりますが、キュウリやナスにつまようじで細工をして馬にみたてて飾る。

素麺を食べる習慣もあります。

特に、新盆 (あらぼん、にいぼん) は亡くなった家族の四十九日後の初めてのお盆。

お客様も多くなります。

ある家では、お盆の期間中、素麺を茹で続けたそうですよ。

そういうお盆の迎え方もありますが、家族の帰省、団らんの時にもなっていますね。

お盆休みはどう取りますか?

2016年のお盆。新しい祝日の『山の日』は8月11日木曜日です。

となれば、企業によっては、12日の金曜日も休みにして16日までの6連休になりますね。

カレンダー通りでしたら、12日に有休を取って連休にする方も多いでしょう。

官公庁のお休みは11日、13日、14日ですから大型にはなりにくいですね。

【スポンサードリンク】

大移動の時期、計画的に

毎年、大渋滞や、新幹線の乗車率150%とかのニュースが流れます。

旅行にしても帰省にしても、計画は早め、がおススメです。

「途中下車の旅」もこの時期は避けましょう。

ちなみに、8月はブラジルでリオオリンピックが開催されますよね。

調べたところ、ツアーは完売になっていました。

キャンセル待ちも多いようです。

国内移動・・車で

主要な高速道路の渋滞は予想できますよね。

だからと言って夜中に長距離の運転は疲れます。

  • 下りのピークは8月10日から
  • 上りのピークは8月15日になりそうです

なるべく日にちをずらす。

また、渋滞の準備として飲み物は多めに持って行きましょう。

携帯トイレも小さなお子さんには必要ですね。

高速のサービスエリアは混み合うのですが、ご当地の美味しいものやキッズスペースが充実していますよ。

あらかじめ楽しみの1つとして、走行距離とにらめっこしながら休憩の計画を立てると気持ちに余裕が出ますよ。

公共交通機関で

JRなら、1か月前から予約できます。

昼間の移動に人気が集中しますから、早朝か最終の時間帯は予約しやすいです

1時間くらいなら、通勤でなれています。

でも、3時間以上も立ちっぱなしは辛いですから、 予約の日はカレンダーに赤丸必至です!

泊まるところは?

帰省なら問題ないですよね。

旅館やホテルの場合はこの期間だけの特別料金設定のところが多いです。

ネットで検索してみましたが、予約は埋まりつつありますよ。

今年のお盆、家族で過ごす長い時間が持てそうです。

早めに計画して思い出に残るお盆にしましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ