BMIの求め方と美容・出産の理想値を調査してみた!

 

肥満は私たちにとって、生活に密着した問題です。

メタボという言葉もよく耳にするくらい、「現代病」として浸透していますね。

 

健康のことはもちろんですが、体型の維持やファッションなど、いわゆる「外見」という点でも注意すべきですね。

特に、女性は気になるものではないでしょうか。

 

 

さて、そんな肥満について、とても参考になる指標があるのをご存知でしょうか。

 

それは、BMIという指数です。

BMIとは、正確にはボディマス指数 (Body Mass Index)といい、体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数のことです。

ベルギーの学者アドルフ・ケトレーによって1835年に開発されました。

 

乳幼児や児童の場合には、ケトレー指数やカウプ指数といった別の指数を用いることがありますが、成人の肥満度を表す指標としては、基本的にBMIが良く用いられています。

 

 

BMIの求め方と健康のための理想値とは?

BMIは何の役に立つの?

 

肥満は、糖尿病、高血圧、脳血管障害、虚血性心疾患などの重要な危険因子です。

逆に、痩せは栄養不良や慢性進行性疾患などを生じることがあります。

 

つまり、肥満や痩せの度合いを調べることは、こういった命にかかわる病気の治療や予防に役立つということになります。

 

しかし、厳密に肥満の評価を行うには、体脂肪率や体組成の計測が必要となり、一般の人が簡単にそれらを行うことはできません。

 

日常的に参考にできる指標があれば…いいのになぁ…。

 

そこで有用なのがBMIなんです!

 

BMIの最も良い点は、体重と身長だけで簡単に求めることができ、たいていの人において、体の総脂肪量とよく相関します。

だからこそ、自身の「痩せ気味」、「太り気味」について、信頼できる評価をすることができるのですね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

BMIの求め方と理想値の判定基準

BMIの求め方はこの式になります。

 

BMI (kg/m²) = 体重 (kg) / 身長² (m²)

 

例えば、身長160cm、体重50kgの人であればBMIは、

50 (kg) / 1.6(m²) = 19.5 (kg/m²)

となります。

 

 

では、このBMIの数値がどの範囲であれば、健康または不健康といえるのでしょうか。

 

肥満の判定基準は、国により異なるそうですが、

 

日本では、18.5以上25未満が標準体重といわれています。

それ未満だと「痩せ」、それ以上だと「肥満」だということですね。

 

 

ちなみに、男性22.0、女性21.0が理想値と言われているそうです。

 

 

ただし、BMIは体脂肪率を考慮していないため、アスリートやボディービルダーのような、筋肉質・高体重・体脂肪率が低い人はBMIが高く出てしまったり、逆に、隠れ肥満のような方は体脂肪率が高い割に体重が低く、BMIが低くなってしまったりすることがあります。

 

ですので、完全な肥満度の指標となるわけではありません。

 

しかし、それでも簡単にある程度信頼できる基準が測れるという点で、今でもBMIが広く使われています。

 

では、実際に計算してみま…しょ…といいたいのですが…

自分で計算するのは…面倒…ですよね。

私も同じです。

そんな私と同じような人はこの↓を使ってみてください。

http://bmi.nobody.jp/

身長と体重を入力すると自動でBMI;計算してくれます。

便利ですよ。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

女性必見!美容・出産に役立つBMIの理想値とは?

では、特に女性が気になる…

美容に役立つBMIの理想値はというと?

 

 

先ほどの「健康」の理想値より、低めに設定されています。

 

 

洋服が似合う「ファッション体重」を目指すなら…

女性の場合はBMI 19が目安といわれています。

 

 

なお、モデルのような体型を目指すなら…

BMIはより低く18程度だそうです。

 

 

女性のみなさん。

この数値を参考にすれば、自身の「美」に磨きがかかること間違いなし!! ――かも?(笑)

 

 

また、このBMIですが、妊娠中の女性にとっても、参考になるようです。

 

妊娠中の体はホルモンの働きもあって、太りやすいといわれています。

皮下脂肪をつけて、おなかの赤ちゃんを守ろうとしたり、出産や産後の母乳のため、エネルギーを蓄えようとしたりしているんですね。

 

だからといって、過度な肥満は危険です。

妊娠中毒症や妊娠糖尿病の原因となったり、生まれてくる赤ちゃんにも悪影響を及ぼしたりする可能性もあるからです。

 

ちなみに、日本肥満学会では、妊婦のBMI値が、

  • 妊娠初期(5~16週)では24.9
  • 妊娠中期(17~28週)は27.1
  • 妊娠末期(29~40週)は28.2

超える妊婦を肥満妊婦と判定しているそうです。

 

妊婦の方は、自分自身や生まれてくる赤ちゃんの健康のためにも、ぜひとも参考にして、元気な赤ちゃんを産んでください。

そして、いつまでも綺麗なお母さんでいてください。

 

 

 

まとめ

BMIは、自分の体重・身長から簡単に求めることができ、肥満度の指標として古くから有用されてきました。

しかも、「健康」はもちろん、「美容」のためにも、とても役に立ちます。

 

ぜひ、このBMIを参考にして、あなたの健康的な身体と、「美貌」を手に入れてください☆

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ