バーベキューにはコンロが活躍!人気やおすすめ、片付け方法は?

bbq-stove

前回は、バーベキューは野菜でしょ?切り方や下ごしらえの準備やレシピも!についてご紹介しました。

バーベキューコンロは、今やアウトドアの必須グッズですよね。

タイプもいろいろ出ています。

  • カセットガスを使うタイプ
  • 本格的な炭で焼くタイプ

参加人数によって大きさやタイプも変わってきます。

後片付けもタイヘンです。

そこで今回は、バーベキューにはコンロが活躍!人気やおすすめ、片付け方法についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

イワタニのカセットガスコンロ(バーベキュー用)

家のお鍋のカセットコンロのバーベキューバージョンです。

カセットを2本使用します。

火力は強いですし、アミと鉄板の両方の機能があります。

お肉を焼きながら、焼きそばもOKです。

後片付けも非常に楽。

今、人気が高いコンロです。

値段は高いのですが、長く安全に 使えます。

コールマンのガスコンロ

これも、専用のガスを2本使用します。

値段はイワタニのものと同じ位ですね。

コールマンというと、いかにもアウトドアという響き。

ただ、ガスの扱いなどは馴れたイワタニの製品を選ぶ方が多くなっています。

バーベキューグリル

炭用のグリルです。

いろいろメーカーはありますし、長方形やドラム型などがありますね。

この場合は、炭に火をつけるために、着火剤を用意しておきましょう。

肉は炭火焼きになりますから、いぶされて格別の美味しさですよ。

根強い人気があります。

ただし後片付けは注意が必要です。

炭は消し炭といって、火が消えた後も長く熱を持ちます。

ですから、専用の『火消つぼ』の用意が必要です。

安易に紙袋などに入れると、燃え上がってしまいます。

アミや、鉄板はどのタイプでも熱いうちに洗ってしまうのが一番なので、忘れないで現地で洗いましょう。

グリルの場合は、前もってアルミの『らくちんシート』の利用がおすすめです。

炭を入れる前に、分厚いアルミでグリルの底全体を覆ってしまうのです。

火を消して、炭を片付けた後にアルミをクルリととれば、グリル本体はお手入れ完成ですよ。

【スポンサードリンク】

小人数なら七輪

昔からある七輪。

今はオシャレなカラーのタイプもあります。

七輪は持ち運びも楽ですし、コンパクト。

場所を取りませんのでおすすめです。

2人で焼き鳥も楽しいものです。

たき火タイプ

河原などで。

アウトドアになれた方むきです。

浅い穴を掘り、大きさの同じ位の石をぐるりと並べて囲いを作ります。

上に乗せるアミの大きさを考慮して。

石で囲んだ中に枯れ木やマキを組むのですが、火をおこすのは馴れていないと難しいのです。

まさに『たき火』 なので、小さい子供がいる場合はおすすめできません。

また、たき火の許可も必要です。

たき火グリル台が市販されていますから、安定した火力ですし、家族ならそちらがおすすめです。

火を使うのがバーベキューのだいご味ですよね。

家では電磁調理器。

オール電化だったりすると、炎自体あまり目にすることもないかもしれません。

だからこそ、火の扱い、後始末に は充分に気を配りましょう。

グリルサイトがあって、食材の用意があればOKというキャンプ場も沢山あります。

最初は試してみるのもおすすめです。

コンロを買う場合は、ネット通販で比較的安く手に入ります。

けれど使い方などの注意点もあるのです。

アウトドアショップで現物を見ておいて、価格を比べてから買うのもいいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ